TOP > 社会 > 「滞納太郎」と不適切表記 市税の納付猶予申請書記入例で | 岩手日報 IWATE NIPPO

「滞納太郎」と不適切表記 市税の納付猶予申請書記入例で | 岩手日報 IWATE NIPPO

21コメント 2020-04-25 22:10 | 岩手日報キャッシュ

盛岡市は25日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で市税の納付猶予を希望した事業者に申請書を送付した際、氏名欄に「滞納太郎」と不適切な表記をした記入例を同封していたと発表した。記入例は6事業者に送付し、受け取った事業者から24日に苦情があった…...

ツイッターのコメント(21)

滞納希望なんだから滞納太郎。
文句言う程の事か?
再送付でまた無駄金使うのね。
喧嘩売ってるとしか思えない。盛岡太郎でいいだろうに。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で市税の納付猶予を希望した事業者に申請書を送付した際、氏名欄に「滞納太郎」と不適切な表記をした記入例を同封していた
岩手では感染者が未だ出てないからといっても、行政の人間の無神経さに呆れる。
こんな状況におかれて必死にもがいている中小規模の事業者を愚弄している
まさか盛岡市だったとは! →
呪詛は相手に返る
課と名前分解してみた

死のうか
シオン
けすの
ちかう

※変換後余り
よいゆよ=いい湯だな=良いユダヤ

岩手下げ始まりましたよね
違和感覚えるニュースはスピンですし
何か仕込んでる可能性があると感じます
心乱さず末子枝葉に怒らず
免疫上げましょう
『盛岡市は25日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で市税の納付猶予を希望した事業者に申請書を送付した際、氏名欄に「滞納太郎」と不適切な表記をした記入例を同封していたと発表した。』←
絶望的なまでのセンスの無さ
そして最も問題なのは公僕が租税の重みを理解しておらず「いや、流石にそれは不味いのでは?」と当たり前の発想に至らない稚拙さである
全ての公務員が白い目で見られる
頑張っている公務員もおられるのに
そーゆーどぎゃー、「悪吏太郎」と宛名して、突っ返せばエエんじゃっっ。ワスの知っとるご住職さまは、「頭とチンボは、生きてるうちに使え」と、よう言っとった。/
財務大臣の名前と同じで草
どこの自治体だよと思ったらまさかの盛岡だった
故郷の県がコロナ発症者ゼロで頑張られているところに出身市職員の対応。情けない、を通り越して呆れてしまった。
「記入例を作った職員は『滞納という言葉を市民がどう感じるか、配慮が至らずに使ってしまった』と話している」、…配慮以前にちょっと考えれば解りそうなモンだが。これはさすがに「ないわー」だ。 / 市税の納付猶予申請書記入例で(岩手日報)
あかん、ちょっと笑ってしまった
だから無難に「岩手 太郎」とかにしとけと。。。
岩手ほのぼのニュース
>>
・・・本当に馬鹿なんだなぁ公務員。小田原だっけ?生活保護バスターズってジャンパー作ってたウヒウヒ喜んでた公務員の街みたいな。>>市税納付猶予申請書類記入例に「滞納太郎」と不適切表記したものを送付
もうね、性根が曲がってるんだと思うよ。小田原市の「保護なめんな」という事件があったが、あれと同じものを感じる。
していいことと悪いことの区別ができていない。 ~
以上
 

いま話題のニュース

PR