TOP > 社会 > 伝説の石仏発見 岩の上、木に隠れて 150年以上前に製作か | 岩手日報 IWATE NIPPO

伝説の石仏発見 岩の上、木に隠れて 150年以上前に製作か | 岩手日報 IWATE NIPPO

25コメント 2020-04-19 16:37 | 岩手日報キャッシュ

一関市の霊峰・室根山(895メートル)の西側の古道で、石仏の大日如来坐像が見つかり、住民の間で話題になっている。地元では「石仏がある」との言い伝えがあり存在は知られていたものの、これまで場所が分かっていなかった。開眼導師や石工も明記されてお…...

ツイッターのコメント(25)

こういうのやりたい。これが本来の意味での「再発見」ってやつ
「視線を感じる」って、すごいね
3月に登山中休憩で岩に腰を下ろした際に「視線を感じる」と見上げたところ石仏があった。小野寺さんは郷土資料で石仏を調べたが載っておらず郷土史研究者に情報提供した。

石仏さん「見つけて欲しかったよぉ」
凄いロマン感じる
視線感じて顔上げたらキツネが見てたりするのと同じ?
登山中、岩に腰かけて休息すると、視線を感じて見上げたら……。岩手県一関市の室根山、大日如来の石仏。私の山の石仏での経験を思い出すと、岩手県遠野市の五百羅漢石仏群の上から足を滑らし転がり落ちて無傷。
『休憩で岩に腰を下ろした際に「視線を感じる」と見上げたところ、石仏があった。』発見者何者だよw
伝説だいすき…✨
岩手様を守るため。今は行っちゃダメ。
「伝説の石仏」発見とかすごい。写真も上手。
>一関市の霊峰・室根山(895メートル)の西側の古道で、石仏の大日如来坐像が見つかり、住民の間で話題になっている。地元では「石仏がある」との言い伝えがあり存在は知られていたものの、これまで場所が分かっていなかった
「視線を感じる」というのがサラッと出てくるところにちょっぴり岩手みを感じる。分かる人にはわ(r
なんか視線を感じる、で発見ってのがすごい。
ほほぉ……岩手の霊峰根室山で大日如来の石仏を発見とな。
「登山中にふと視線を感じ振り返ると発見した」とな。これも縁でしょうなぁ(*´ω`*)
「視線を感じる」で発見。

岩手県を人知れず守ってきた大日如来さまが、この非常時にみ姿を現してくださいましたか。
もしや岩手県バリアは……!?
登山中、休憩で岩に腰を下ろした際に「視線を感じる」と見上げたところ、石仏があった。
「3月に登山中、休憩で岩に腰を下ろした際に「視線を感じる」と見上げたところ、石仏があった。小野寺さんは郷土資料で石仏を調べたが載っておらず、郷土史研究者に情報提供した」
「3月に登山中、休憩で岩に腰を下ろした際に『視線を感じる』と見上げたところ、石仏があった」、…そこで視線を感じたってことは、信心があったってことなんだろうか。 / 150年以上前に製作か(岩手日報)
>休憩で岩に腰を下ろした際に「視線を感じる」と見上げたところ、石仏があった。

(;゚Д゚)すげぇ!
1. 日本に最初にキリスト教が入って来た時、キリスト教の神は、「大日」と訳されました。コンセプトとして、一番近いと考えられたからです。/
休憩で岩に腰を下ろした際に「視線を感じる」と見上げたところ、石仏があった。

イイ話だなぁ。
伝説の大日如来坐像発見  石仏は「室根古道」と呼ばれる一関市千厩町奥玉の登山道で3月に見つかった。発見者は3月に登山中、休憩で岩に腰を下ろした際に「視線を感じる」と見上げたところ、石仏があったという。
岩手日報4/19:一関市の霊峰・室根山の西側の古道で、石仏の大日如来坐像が見つかり、住民の間で話題になっている。地元では「石仏がある」との言い伝えがあり存在は知られていたものの、これまで場所が分かっていなかった。開眼導師や石工も明記されており…→
すごい❗️今、こんな時に視線を感じて見つけたなんて…
以上
 

いま話題のニュース

PR