TOP > 社会 > 駅そば発祥、一ノ関だった? 定説覆す可能性 | 岩手日報 IWATE NIPPO

駅そば発祥、一ノ関だった? 定説覆す可能性 | 岩手日報 IWATE NIPPO

11コメント 2020-04-15 18:52 | 岩手日報キャッシュ

駅そば発祥の地はどこか-。これまで草分けの最有力に挙げられていた軽井沢駅(長野県)より前の1906(明治39)年には、JR一ノ関駅(一関市)で販売が始まったとする声が地元や鉄道関係者から上がり、定説を覆す可能性が浮上している。JR線では、花…...

ツイッターのコメント(11)

え?マジすか?!
| 岩手日報

には今でも改札内ホーム上に立ち食い蕎麦屋があるな。

昔はよく、蕎麦より ばかり食べたが…
◆駅蕎麦

 一関駅
これ本当ならうれしいなぁ。
ん?あそこ県でも古い駅なの?
だからよく蕎麦食うわけだ、俺。
確かにずーっとあっ……もっと昔か。
駅そばの発祥地は、信州そばの長野か、わんこそばの岩手か?

こういうお話は、興味深いです。資料の裏付けが重要、というのは歴史を語るうえで常に重要です。一枚の写真から、読み解いてみませんか?
昔さ、地主町のパーラメントって店によく通ってたのさ!可愛い😍子と綺麗なお姉さんとガラガラ声のママさんでさ!帰りに近くの屋台のラーメン食って帰ったな😍
以上
 

いま話題のニュース

PR