TOP > 政治・経済 > 新型コロナウイルス検査キット、盛岡の企業開発 | 岩手日報 IWATE NIPPO

新型コロナウイルス検査キット、盛岡の企業開発 | 岩手日報 IWATE NIPPO

58コメント 2020-04-11 11:57 | 岩手日報キャッシュ

盛岡市の臨床検査装置開発・セルスペクト(岩渕拓也代表取締役)は、新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べる研究・検査機関向けの抗体検査キットを開発した。2時間で96検体を検査でき、PCR検査よりも短時間に多くの人を調べられる。ただ、抗体が…...

ツイッターのコメント(58)

確実に前進してるよ✨

しかも地元❗️
新型コロナウィルス検査キット、岩手県の企業で開発

2時間で96検体を検査でき、PCR検査よりも短時間に多くの人を調べられる。
抗体ができていない感染直後の検査には向かず、PCR検査と併用することで判定の精度が高まると期待される。
新型コロナウイルスへの抗体があるかどうかを調べるキットが日本でも開発された。米国ではすでに販売されているが、抗体を持っている人が経済を回して少しでも回復して欲しいと切に願う。
岩手県で使用して、もっといっぱい検査してほしい
早く全員検査を❗
「新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べる研究・検査機関向けの抗体検査キットを開発した。」
@tassotakuya 新型コロナウイルス検査キット、盛岡の企業開発(岩手日報)
県民にやって下さい!!
暗いニュースばかりだけど、ここ最近で一番の吉報では?
もし新聞の通りならこんなもの開発しないと思うんだ。
凄いぞ岩手!!頑張れ岩手!!
「2時間で96検体を検査でき、PCR検査よりも短時間に多くの人を調べられる。」
抗体検査キットですね。

ぜひ現場で役立ててほしいです。
そして、岩手が日本を救うのか⁈‼︎
4/11(岩手新報)

“抗体ができていない感染直後の検査には向かず、PCR検査と併用することで判定の精度が高まると期待される”
岩手サイエンスの結晶。実用化を期待します。 ---
>ただ、抗体ができていない感染直後の検査には向かず、PCR検査と併用することで判定の精度が高まると期待される
そして、血中抗体を検出するELISA、岩手県で爆誕。
(「10種類の試薬を加えて……色が変わる」という記述はたぶん大ざっぱすぎる……)
「身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療 (日本プライマリ・ケア連合学会ウェブサイトより) 」プライマリ・ケアのための臨床検査キットの提供などを手がける、セルスペクト株式会社が開発。

新型コロナウイルス検査キット、盛岡の企業開発|04/11
岩手発信
凄い!
朗報です。現在感染者が出ていない岩手県から、RCR検査キットが開発されました。
一歩前進。たまには明るいニュースをどうぞ(^^)
日本の技術力、すごいな。
コストパフォーマンスと検査に当たる人への負担軽減。なにより安心して導入出来る日本製。
これは凄い。
早く運用化できればと期待!
何か日本って、民間が頑張ってるから、
もってるのかな?と思う今日この頃😖💧💨
地元でこんな凄い検査キットを開発する企業があったなんて😭💦💦
全国で役立てられますように‼
確実に進めてほしいな。
@jijimedical 岩手県盛岡市の企業は10分で、コロナ抗体検査キット出しました。

日本の企業ですよ。

輸入してる場合じゃない。
しかし西武は使わず。
下記の新型コロナ抗体検査キットの開発に関する記事,岩手日報は今回ライバル紙である盛岡広域圏向け新聞の盛岡タイムスに先を越された。
お~、日本発また出てきた
デマ・煽りも多いけど、その中に埋もれてるちょっとでもプラスになりそうなネタは今後も見つけたらシェアします
色んなイベントも中止が決まって先の見えない不安だけを抱えるより
_(┐「ε:)_...素朴な疑問。
毎日のように、コロナウイルスの感染者が増えています。
【それぞれの医療機関による検査キットと検査方法って、統一されているの?】
「PCR検査」ってひとくちに言っても、世界中で作られていて製作元がどこの国か?で検査品質は上下してしまう。
抗体検査キットを開発、2時間で96検体を検査でき、PCR検査よりも短時間に多くの人を調べられる。ただ、抗体ができていない感染直後の検査には向かず、PCR検査と併用することで判定の精度が高まると期待される。
日本の底力。
岩手県の企業が抗体検査キットを開発しました❗
コストは一回あたりPCR検査の十分の一❗
盛岡市の臨床検査装置開発・セルスペクトさんが、新型コロナウイルスの抗体検査キットを開発しました!

2時間で96検体を検査できるので、PCRよりも短時間に多くの人を調べられ、1検体の検査コストはPCRの10分の1程度。

東北企業の底力を見せて下さいました🤗
早く実用化されますように!

新型コロナウイルス検査キット、盛岡の企業開発(岩手日報)
抗体数が増えてからだと有用なんだな
明らかにって時はこれでも良いんだろうな
検査キットは、少量の血液を入れたプレートに10種類の試薬を加えると、感染した人の血液だけ色が変わる仕組み。同社によると、1検体の検査コストはPCR検査の10分の1程度。
こういう開発素晴らしいね。
「新型コロナウイルス検査キット」
PCR検査費の1/10、2時間で判定。すご。
朗報!( ^ω^ )
新型コロナウイルスの抗体検査したいな。去年の内に一度感染して治ってる気がするんだよね。我が家は。
コロナは出てないし検査キットは作るし、岩手やるなぁ
~新型コロナ~明るい兆し~ありがとう岩手!~
早く普及するといいな。
政府はこういうところに助成しないと
やるじゃん!
郷土の誇り。/
こういうの素人がやる検査キットってかえって医療崩壊を招くからやらないほうが…って話じゃなかった?
どんどん広めて欲しい…
凄い。

前にもほざきましたが、
危機になれば静かながらも
様々な叡智が生じてくる。

日本国のいいところの一つと
勝手に思っております。

武漢ウィルス絶対収束

令和2年(2020年)
4月11日・土曜日
新型コロナウイルス検査キット、地元盛岡の企業開発 これからの活用が期待されます!!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR