TOP > 社会 > 古里岩手の味 幕引き無念 東京の居酒屋、支援策「待てない」 | 岩手日報 IWATE NIPPO

古里岩手の味 幕引き無念 東京の居酒屋、支援策「待てない」 | 岩手日報 IWATE NIPPO

24コメント 2020-04-10 11:39 | 岩手日報キャッシュ

【東京支社】本県の郷土料理を提供し、長年愛された東京都千代田区の居酒屋「南部や」(工藤義雄店主)は25日、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い客足が遠のき、39年の歴史に幕を下ろす。政府が緊急事態宣言を出し、経済対策を打ち出したが疲弊する現…...

ツイッターのコメント(24)

秋葉原のビルの地下にあった「南部や」さん。コアなファンが多くてみうらもよく飲んでたんだけど、コロナの影響で四月早々に閉店しちゃったんだよね。岩手の新聞にも出てるって聞いてたけどホントだった。
悲しみ😭
4/25で閉店してたのか…
あそこの地下、お店なくなっちゃうなあ…
(もう10年以上行ってないけど)
くそ、、くそっ、、、悔しいわマジ
@ayadama_62
最後、このマスターに挨拶もできんかったとです(◞‸◟)
あたたかみのあるお店だった。もちろん料理も美味しくてふらふらになるまで飲んだ思い出のお店。お疲れ様でした。 /
| 岩手日報
25日に行ったら、前倒しで18日に閉店してた。
頻繁ではないけど、結構長く行ってたから悲しい。
こういう記事目にするとほんとに悲しくなる…政府は何してるの…
秋葉原にある岩手県郷土料理を提供する居酒屋「南部や」(1981年創業)は今月25日に閉店する貼り紙が掲出されていますが、確認したところ岩手県の新聞社「岩手日報」において詳細に記事が書かれており、感染拡大に伴い客足が遠退いたことによる閉店との事です
秋葉原の南部や、閉店か、、、
残念だ
南部屋高田研面子で行ったなぁ。懐かしい…
秋葉原駅前の南部や、岩手飲みで何度か行ったのですが店内の古さも料理もかなり八幡あたりの古居酒屋な感じで好きでした……
"緊急経済対策による支援策も出されたが「助成金が出ると言ってもいつになるか分からず、待っていられない」と嘆き、「お客さまに支えられた39年だった」と言葉を絞り出した。" ー | 岩手日報 IWATE NIPPO
朝日、毎日新聞っぽく書かさってる^_^
粉飾記事。

/緊急経済対策による支援策も出されたが「助成金が出ると言ってもいつになるか分からず、待っていられない」と嘆き」
兵は神速を尊ぶというのが失われた意味は大きく辛い
東京時代に何度かお世話になりました。残念ですね…
なんという…。
ぉぉぉ。すいとん美味しかったよ。今までありがとう。:
あらら…愛用していたのですが…。
とても残念です(涙)
南部や、閉店しちゃったのか……
一度行ったことあるけど美味かったなあ……
“工藤店主は「4月を乗り越えたとしても5月は無理だろう。従業員に給料が払えるうちに」と決断。緊急経済対策による支援策も出されたが「助成金が出ると言ってもいつになるか分からず、待っていられない」”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR