TOP > 社会 > 国道45号沿線、店舗苦境 三陸道開通の余波 | 岩手日報 IWATE NIPPO

国道45号沿線、店舗苦境 三陸道開通の余波 | 岩手日報 IWATE NIPPO

12コメント 2020-03-29 09:41 | 岩手日報キャッシュ

沿岸の縦軸の役割を果たしてきた国道45号沿いが、変化している。三陸道の開通で交通量が4割近く減り、大槌町の老舗飲食店の本店が29日に閉店。釜石市の大型商業施設内の店舗などで地元に親しまれた味の提供を続ける。同市では売り上げが落ち、値上げを決…...

ツイッターのコメント(12)

白い砂浜を歩くとキリキリと音がする..吉里吉里
こどもの頃よく連れてってもらった記憶……ここ吉里吉里善兵衛。駐車場から海が見えたった気がする。またひとつ名店が
正直言うと、45号を避けたい気持ちは分からんでもない。現地で運転したことはないが、どうにもまともに走れる自信がない
三陸道は三陸道、45号線は45号線でなんとか持ち上げて欲しかった。。→
45号線がさみしくなりますね。釜石イオンに食べに行きます・・・
被災地とか関係なく、どこでもある話してすよね。
きりきり善兵衛本店、今日で閉店なのね…… | 岩手日報
この前、閉店前に食べてきたけど、そういう事情だったのだねぇ。。
確かに45号を走る機会は減ったもんなぁ。。
>本店を閉め、釜石市大町のイオンタウン釜石内と、福島市内の店舗での営業に絞ることを決断した。

三陸自動車道延長で国道45号の通行激減のあおりで、という記事より。
沿岸の縦軸の役割を果たしてきた国道45号沿いが、変化している。三陸道の開通で交通量が4割近く減り、大槌町の老舗飲食店の本店が29日に閉店。

岩手日報
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR