TOP > 社会 > 内心の自由か捜査か 県内図書館利用者情報の警察照会 | 岩手日報 IWATE NIPPO

内心の自由か捜査か 県内図書館利用者情報の警察照会 | 岩手日報 IWATE NIPPO

39コメント 2019-07-07 14:31  岩手日報

県内の公立図書館が警察から任意捜査で利用者の情報を求められたら、提供するのか、拒否するのか―。岩手日報社の調査によると、今後照会依頼があった場合、県立図書館と全33市町村中22市町村の公立図書館が「提...

ツイッターのコメント(39)

読書の自由とは何ぞや。
(再:TSUTAYAじゃなくても普通に渡してる)一方、北上、葛巻の2市町は「提供する」方針。「捜査関係事項照会書など正式な手続きを経た場合は基本的に対応したい」とし、照会内容として貸し出し履歴を想定 / | 岩手…”
「県立図書館と全33市町村中22市町村の公立図書館が「提供しない」とした一方、北上、葛巻の2市町は「提供する」、花巻市など9市町村が「状況に応じて判断する」と回答した。」
うちの最寄り公立図書館と最寄り大学の図書館でカニバリズムはじめ猟奇事件関連、拷問、性的倒錯関連をダントツで借りまくっているのは私のはずなので🤔うちの近所で猟奇殺人が起こった場合に警察くるでこれ。

【 】
レンタルエロDVD店にも読ませたい記事

NIPPO
図書館憲章ってすげー格好良いのに、自ら捨てるんか……。
だいたい、図書館で何を借りたか?って、犯罪を直接立証するなんてものは通常あり得ないわけで、捜査に名を借りた思想調査そのものでしょうね。こんなのに応じる図書館があるなんて、信じられないというか、恐ろしいなぁ。
岩手の件
「 県内図書館利用者情報の警察照会」
警察の任意捜査の照会に、利用者の思想信条の自由という根元に関わる個人情報を答える自治体はアウトでしょ!
2019/07/07掲載記事/ NIPPO
北上、葛巻の2市町は「提供する」、花巻市など9市町村が「状況に応じて判断する」と回答・・・・北上市議会は抗議しないのか
「公立図書館が警察から任意捜査で利用者の情報を求められたら、提供するのか」

2自治体は提供するのか…(呆)。職務質問に伴う所持品検査(但しこれは行政警察活動)と違って直接市民に聞かないわけですが、基本的には同様に考えるべきでは…
2019/7/7 岩手県内「公立図書館が警察から任意捜査で利用者の情報を求められたら…照会依頼があった場合、県立図書館と全33市町村中22市町村の公立図書館が「提供しない」…北上、葛巻の2市町は「提供する」、花巻市など9市町村が「状況に応じて判断する」と回答」
q「全国的に提供する例が増加する中、憲法が保障する「内心の自由」を守ろうとする図書館側と捜査機関のせめぎ合いが続いている。」日本図書館協会あたりで全国調査して結果を公表してほしい。 / NI…”
書籍の購入も要・身分証明書なるかもね、岩手県では。

(岩手県)
【 】
徐々に戦前戦中の記憶も失われていくんだろうな / NIPPO”
ふと、キリスト教会の懺悔を思い出した。容疑者の懺悔の内容を捜査当局に提供できるのか否か。
7月7日 私の気になる記事 1面トップ「内心の自由か捜査か 県内図書館利用者情報の警察照会 22市町村「提供せず」 「提供せず」2市町」
オフィシャルな調査への回答が窓口に立つ非正規職員にまで徹底できるか、突然警官がやってきて情報提供を求められた時どうなのか。、
リアル「図書館戦争」。原則派と行政派の違いがここにも。
県立図書館と22/33市町村が「提供しない」。北上市と葛巻町が「提供する」。花巻市など9市町村が「状況に応じて判断する」。/ 県内図書館利用者情報の警察照会(岩手日報)
なかなか頭の痛い問題である
全国的に提供する例が増えているんだって。ほんとなの?>
そもそも履歴を保持してること自体アレ
”今後照会依頼があった場合、県立図書館と全33市町村中22市町村の公立図書館が「提供しない」とした一方、北上、葛巻の2市町は「提供する」、花巻市など9市町村が「状況に応じて判断する」と回答した” / | 岩手…”
#自由委員会
内心の自由か捜査か/[岩手]
岩手日報デジタル 2019.07.07

”[独自調査では]県立図書館と全33市町村中22市町村の公立図書館が「提供しない」…2市町は「提供する」…9市町村が「状況に応じて判断する」と回答”
これはみんなで考える問題。岩手日報いい問題提起/
また『セブン』の事例が。図書館関係者は映画『セブン』で捜査機関への閲覧履歴の提供がどう描かれているかよくご覧になるといい。あと捜査事項関係照会書は令状じゃないので応じる義務はない。ダメならダメで。
「相棒」シーズン3の欠番となった回を思い出した。
岩手日報から。

今後紹介依頼があった場合、県立図書館と全33市町村中22市町村の公立図書館が「提供しない」とした一方、北上、葛巻の2市町は「提供する」、花巻市など9市町村が「状況に応じて判断する」と回答。
貸出内容や複写内容だと破棄することで「ありません」と言えるのかな? →
そもそも図書館の利用者情報は、犯罪捜査のために必要なのか?
公安が調査しているなら情報収集の目的であろう。
法律上応じる義務はない?
北海道内の図書館よりよほどえらい
なぜ「あの高嶺 鬼すむ誇り…」という市民憲章を掲げている北上市が、図書館利用者の情報を警察に提供する方針なんだろう?おじさまたちが胸を張る「まつろわぬ民」の誇りは?
借りた本を警察に調べられるなんて、ゾッとする…。
岩手日報がどういう意図でこんなことを調べたんだろう。
警察に知られたら困る貸し出し記録ってどんなのを借りたら困るんだろう。
そりゃあ図書館に腹腹時計とかあって借りた奴なんて知られたら困る連中もいるだろうが興味本位で借りる奴もいるしなぁ。
提供しないとした自治体、その根拠に公務員の守秘義務あたりを持ち出しちゃうということは自治体内で取扱基準を全然整理していないな。
“葛巻町は「捜査関係事項照会書など正式な手続きを経た場合は基本的に対応したい」とし、照会内容として貸し出し履歴を想定。”


貸出履歴を残しているのか、と思って検索してみたら公民館図書室(と移動図書館)だった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR