TOP > 社会 > 新球場は「ボールパーク」 盛岡に整備、災害時は避難所に | 岩手日報 IWATE NIPPO

新球場は「ボールパーク」 盛岡に整備、災害時は避難所に | 岩手日報 IWATE NIPPO

11コメント 2019-12-04 12:11  岩手日報

盛岡市と県は、同市永井の盛岡南公園に共同整備する新野球場の事業主体として、清水建設東北支店(仙台市)など7社を選定した。企業側の企画提案では、幅広い世代が多様なスポーツに親しめる多目的施設として機能を...

ツイッターのコメント(11)

いわスタの北側に建設予定の野球場(2023年完成)を差し置いて照明工事をねじ込めたのは、ホント多くのみなさんの努力と調整と尽力のおかげなのでしょう。ありがたや。
なんと!👀今知った!😳
盛岡にできるんだ すげー
地元岩手に「ボールパーク」
建設費:約88億(市6割、県4割)、運営維持費:年間1億5,000万。建設費用を市と県が共同で負担する全国初の試み。

経済的効果、社会的効果などスポーツを通じた地域活性化(スポーツをしなくても人が集う仕組み作り)を推進するモデルになってほしい。
盛岡南公園球技場の横に、立派な野球場ができるのね
イイネ👍
盛岡でも楽天戦ともう1試合セ・リーグのカードで年に2試合くらいやってくれると嬉しいんだがなぁ
2023年とはまだまだ先だなぁ(´'ω'`)
→新球場完成まで3年半か〜。ここでも高校野球は開催されるよね。新球場に期待‼️でも、その時は岩手県営野球場⚾️どうなる⁉️
一緒にサッカーグラウンドも直して欲しい
ウルトラなフェンスと柵は残してくれよ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR