銀河高原ビール、西和賀での生産終了 従業員配置転換や離職へ | 岩手日報 IWATE NIPPO

20コメント 2019-12-16 14:06 岩手日報

西和賀町沢内の銀河高原ビール(資本金1千万円、岡秀憲社長、従業員25人)は来年3月末に同社醸造所でのビール生産を終了する方針を固めた。物流費高騰で収益が悪化し、老朽設備の更新による生産継続が困難となっ...

ツイッターのコメント(20)

| 岩手日報

水が変わったら味がかわるかも
今のうちにのんどこー🍺
こちらは銘柄は残るが地元での生産は終了との事です。長年携わってきた方々の思いを考えると言葉になりません…

- 岩手日報(2019年12月16日)
親会社が、よなよなエールになってたの知らなかった
3月以降飲めなくなるの残念…
昔は ホテルで 新作ビール飲めるプランあったりして、泊まり掛けでいったんだけど
トナカイの曳くソリに子供乗せてもらったり… なんか残念だな
ブルーボトル、好きだったな。昔感じていた味から変わった気がして以来あまり買わなくなってたけれど。
悲しい
//岩手日報: 従業員配置転換や離職へ.
銀河高原ビールもか・・・
アベノミクスとはなんだったのか。

地ビールって決して安くなかったからいつも飲んでたわけじゃないけど、地ビールながら唯一全国区にまで上り詰めた銀河高原ビールを失うことはとても辛い。
 
PR
PR