TOP > 社会 > 岩手山、冬の装い 初冠雪、昨年より19日早く | 岩手日報 IWATE NIPPO

岩手山、冬の装い 初冠雪、昨年より19日早く | 岩手日報 IWATE NIPPO

11コメント 2019-10-09 13:04  岩手日報

盛岡地方気象台は9日、岩手山(2038メートル)の初冠雪を観測した。平年より4日、昨年より19日早い。八幡平市側から見上げると山頂を覆う雲の切れ間から、山肌が雪で白くなっていることが確認できた。

ツイッターのコメント(11)

さぁ、岩手県は冬支度。
盛岡地方気象台が10月9日に発表。昨年より4日早い。
===
今年は寒いのかな /
冬は直ぐそこ!

| 岩手日報
@katsuomaru
いよいよ明日でしたね。
お仕事の合間に、秋の岩手を楽しんでくださいね。
今年、ちょっと寒くなるの早い気がする。
岩手山に雪が降った(´×ω×`)
もうそんな季節か。冬支度しないとな。
もう冠雪したのかー
冬が近い…
雫石から🏔の眺めは曇っていて☁️
確認できておりませんが
👇初冠雪のようです❄️
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR