TOP > 社会 > 「福田パンものがたり」出版 盛岡・70年の歩みひもとく | 岩手日報 IWATE NIPPO

「福田パンものがたり」出版 盛岡・70年の歩みひもとく | 岩手日報 IWATE NIPPO

11コメント 2019-10-30 19:44  岩手日報

盛岡のソウルフードと呼ばれる「福田パン」。昨年70周年を迎えたのを機に、創業者の生涯をたどり、現社長らの思いをつづる本「福田パンものがたり」が発刊された。終戦直後の創業時に掲げた「安くておなかが満たさ...

ツイッターのコメント(11)

読みました/ | 岩手日報
実は食べたことがない岩手人です。
私の場合は、花巻小学校のそばの雑貨屋「けんやさん」(正式名わからず)のピーナッツジャムが懐かしの味。
帰省すると必ずピーナツ食べる🎵
一番好きなのは、つぶつぶピーナツ🙌
次にダブルピーナツ✌️
その次にピーナツバター✨
夢膨らんで、腹も膨れる福田パン🎵
外人さんが福田パンを食べると、目ん玉ひん剥いて、「うんめえっっ」と言います。勿論、外国語で言います。 /
これは読んでおかなくてはいかんな。
今度岩手県内に行くときに探してみる。そうなると来年4月以降か……
福田パンのクリームって、全部手塗りなんですね😮

先日、いわて盛岡シティマラソンの給水所でいただきましたけど、ふわふわのコッペパンから、はみ出すくらいのあんことバターが美味しすぎて、おかわりしたくなりました😋 ガマンしましたけど、、、😓
食べたい

Discover(Google)から
盛岡のソウルフード
これからもずっと続いてほしいな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR