TOP > IT・テクノロジー > 家庭用蓄電池の販売トラブルが急増、国民生活センターが注意換気:蓄電・発電機器 - スマートジャパン

家庭用蓄電池の販売トラブルが急増、国民生活センターが注意換気:蓄電・発電機器 - スマートジャパン

17コメント 2021-06-10 07:13  ITmedia

国民生活センターは2021年6月3日、家庭用蓄電池の訪問販売におけるトラブルが急増しているとして注意喚起を行った。家庭用蓄電池の購入に関する相談件数が増加しているという。

ツイッターのコメント(17)

訪問販売禁止にしたらどうや🤣
蓄電池単体を購入しようとは思わないな・・・
高いし、コスパ最悪。
あるとすれば車だろうな・・・

家庭用蓄電池の販売トラブルが急増、国民生活センターが注意喚起:蓄電・発電機器 -
家庭用蓄電池の販売トラブルが急増、国民生活センターが注意喚起:蓄電・発電機器 -
家庭用蓄電池の販売トラブルが急増、国民生活センターが注意喚起
ポータブル蓄電池の話ではないようだ→
の販売トラブルが急増、国民生活センターが注意換気
我が家にも勧誘の電話がかかってきました😅蓄電池はまだコスパ悪いです。リーフ(電気自動車)あるのでと言ったらすぐ切られたので、断るのが苦手な方はこの方法使ってみてください🤗
☀⚡物干し竿の訪問販売に近いなぁ
(屋根のソーラーパネルを見つけて突撃してくるらしい🥲)

家庭用蓄電池の販売トラブルが急増、国民生活センターが注意換気:蓄電・発電機器 -
商品がちがうだけで、
やり口は同じなんじゃないだろうか。
「この値段は今日限り」「自治体から委託を受けている」などと虚偽の説明や工事・補助金申請のトラブル。

蓄電池は年々安くなっているので、導入を予定している方はゆっくり冷静に検討しましょう😌
そりゃそうだ チャイナ産だろうし
えっと、、、換気ですか?
コロナですもんね。
「住宅地を外回りして屋根に太陽光パネルがあったら、押しかけて蓄電池を押し売りする」新手の手法が蔓延してて苦笑。
まるで往年の某公共放送の「衛星アンテナを探せ!隊」みたいだ…。
ソーラー発電で最も危惧しているのが、蓄電池
設置10年も経てば、蓄電能力が大きく低下しているはずだし、最新のリチウムイオン電池とは性質が大きく異なり"不便"だ
交換には大金が必要
減価償却できているか
「この値段は今日限り」などと家庭用蓄電池の購入を急かされたり、長時間勧誘されて、冷静に十分な検討ができないままその場で契約しているケースが目立つという。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR