TOP > IT・テクノロジー > 水深10センチの水路でも発電、新しい小水力発電機を開発 - スマートジャパン

水深10センチの水路でも発電、新しい小水力発電機を開発 - スマートジャパン

27コメント 2018-03-23 11:02 | ITmediaキャッシュ

鉄建建設は小さな農業用水路などでも発電できる、新しい小水力発電装置を開発。新開発のタービンによって、少ない流量・流速でも発電できるのが特徴だという。...

ツイッターのコメント(27)

@nagi3374 ナギさん。実は大規模工事要らなくなったんだよ?現実では。
流れがあればOKみたい。
防災用途にも活用できる。
@nukoinu
マイクロ水力発電機とお小水で自家発電できたらステキなことだと思うの
小水力発電を、もっと活用して広めましょう!\(^-^)/
日本に合っているエネルギー源の一つです。😊
こういう小さな発電施設がたくさんあった方が安心かもな。
各町内とかに。
一種類の方式だけじゃなくて色んなのが。
水力の利用!
風力より安定供給できるよね。
自分用にシェア。
田んぼの用水路を通年利用すれば、
平地でもかなり発電できるんじゃないかな?
こういう工夫、楽しそう
地球の自然が生み出す火・水・風の力を借りて、効率よく電力エネルギーに変えて利用する工夫が大事ですね。夫々の目的に応じたシステム設計の最適化が、物事の効率化に役立つのだと思います。
興味深い
小水力発電も色々でてきたかな。
鉄建建設は小さな農業用水路などでも発電できる、新しい小水力発電装置を開発。
新開発のタービンによって、少ない流量・流速でも発電できるのが特徴だという
小水力と言うより「微少水力発電」
国や電力会社の思惑とは関係なく、このような素晴らしい製品開発が進んでいますね。
師匠、来ました!高効率小型水力発電機!
発電出力9.6W。スマホの充電くらいの能力でできること。/茨城ならCappa使えばもっと効率良さそうで良いのにね /
日本って山岳バイオームで高低差いっぱいで川も多い
うまい事水力発電できへんかねぇ、がんばれ偉い人!
蓄電・発電機器:水深10センチの水路でも発電、
コンビニのビニール袋が詰まる未来。まぁ金網とかで守ってもいいけど、やっぱメンテ大変そう。 /
小さい川や用水路なら日本各地どこでもあるし、使い方次第では面白いね。 /
ふむ。用水路のぷち発電所。
水深10センチの水路で発電
新小水力発電機を開発
"売電目的だけでなく、電力を確保しにくい山間部などで、農作物を守る電気柵や、雨量などの計測装置の電源として利用したいというニーズ" /
とてもいいんだけど水草がつくのでこまめなメンテと軸受けの損傷が激しいのでそこを頭に入れないと。電線無い所なら役立つはず。
以上
 

いま話題のニュース

PR