TOP > IT・テクノロジー > 自然エネルギー:日本初の波力発電所が完成、海中で波を受けて陸上に送電 (1/2) - スマートジャパン

自然エネルギー:日本初の波力発電所が完成、海中で波を受けて陸上に送電 (1/2) - スマートジャパン

22コメント 登録日時:2016-10-26 09:13 | ITmediaキャッシュ

岩手県の太平洋沿岸にある漁港に波力発電所が完成した。漁港の防波堤の外側に発電所を設置して、海中にある波受け板が振り子状に動いて発電する。発電能力は43kWで、11月から陸上に送電を開始する予定だ。電力会社の送配電ネットワークに電力を供給できる日本で初めての波力発電所になる。...

Twitterのコメント(22)

この波力発電機 1週間ほどで製作出来るそうだ 何故 千葉県や千葉市は この提案の実現に取り組まないのかな?日本初の波力発電所が完成、海中で波を受けて陸上に送電
こちらは波力発電所。
イノベーションが起きてますね/ (2/2) - スマートジャパン
”1kWhの電力を作るコストが60円程度...”
(2/2) - スマートジャパン
結局コスト的には見合わないんだね。
波力発電所!
原発前の海上に作れば送電施設が使えるぞ!



#ばっこん
津波の破壊力も全部エネルギー吸収できたらいいのにな。
日本がTPPで強行採決してる間に、第22回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP22)が7日、モロッコのマラケシュで始まった。
見習いたい。「 (1/2)」
この電力にも、自民党は福島原発事故の費用を負担させようとしている。それは、国民の負担となる⁉
原発は要らない❗
海中にある波受け板が振り子状に動いて発電する。発電能力は43kWで、11月から陸上に送電を開始する予定
これからのエネルギーはこれで決まり!
波(海水の動揺)を大きなオールで受けて発電機へ。新発明と永久磁石発電機で実現した。やっぱりDCをACに変換して系統接続ってのがちょっと残念
ああああああああああああああああああああああ
がんばれ! →日本初の波力発電所が完成、海中で波を受けて陸上に送電 - ITmedia
海に囲まれた日本に適していると思うのでぜひ実用化してほしい。海外にも技術提供できるレベルになれば尚良し
日本初の波力発電所が完成、海中で波を受けて陸上に送電

※発電規模はショボショボだけども、技術の始まりとしては十分。期待して居る。
海洋国家日本において無尽蔵に供給される波力発電は夢があるな。太陽光と比べても安定供給できそうだし。この実証実験をベースにしっかりコスト削減して実用化して欲しい。:日本初の波力発電所が完成、海中で波を受けて陸上に送電
電力会社の送配電ネットワークに電力を供給できる、日本初の波力発電所が岩手県で完成しました!堤防付近に発電装置を設置することで、海からの波と堤防から返ってくる波の両方の力を電力に変換できます。 -
再生エネルギーの中でも潮力は期待出来るからな。四方海に囲まれているわけだし。後、台風などの災害時には海に潜れたらなんとかならないかしらん。 / “ …”
こういうのはやらない方がいい

> 日本初の波力発電所が完成、海中で波を受けて陸上に送電
以上

記事本文: 自然エネルギー:日本初の波力発電所が完成、海中で波を受けて陸上に送電 (1/2) - スマートジャパン

関連記事