TOP > IT・テクノロジー > 蓄電・発電機器:熱源に「貼るだけ」で発電するシート、積水化学が2018年度に製品化へ (1/2) - スマートジャパン

蓄電・発電機器:熱源に「貼るだけ」で発電するシート、積水化学が2018年度に製品化へ (1/2) - スマートジャパン

21コメント 2016-04-20 11:37 | ITmediaキャッシュ

積水化学工業は「カーボンナノチューブ温度差発電シート」の試作に成功した。熱源に貼り付けるだけで発電できるシートで、2018年度を目標に製品化する方針だ。...

ツイッターのコメント(21)

ガソリンエンジンや電気自動車のモーターに貼る事が可能になると面白そうだね。
@plan9_feedback 一応熱で発電する方法はいくつか考えられているっぽいw

こんなのとかw
熱エネルギーを直接電力に変換できる熱電変換材料。 積水化学工業は2018年度を目標とした実用化に向けて実証実験を開始
「ゼーベック効果」を利用して発電する
車のバッテリー消費軽減やその他工場機器のエネルギー消費軽減になるか?
「カーボンナノチューブ温度差発電シート」の試作に成功
発電所や自動車…PCから排出される熱…多くは「排熱」として未利用
- ITmedia

すごいな。原発厨がダメなのは短絡的で他の技術革新を阻害する事。人は自然からうまくエネルギーをもらう技術をまだまだ考える事ができる。
自動車の冷却装置に使えればね。あとは太陽電池の裏側に〜:
:いいなあ。これ貼ると副次的に温度下げる効果もあったりする……のかな?
(2/2) - スマートジャパン
発電する熱冷まシート?
ほーーー。体温で発電する日は近い⚡️燃えるz🔥🔥🔥
期待ですな。後で読む。
少しずつでも、掬い取るようにエネルギーを増やすのだ。
『 』
使用用途含めて現実味あっていいな。/
……鉛やテルルといった毒性物質を全く含まないという点もいいな。
(2/2) - スマートジャパン もっと発展したらええな
※屋根とかに使えないのかな…ソーラーのが効率良いのか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR