TOP > IT・テクノロジー > 言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4) - ITmedia PC USER

言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4) - ITmedia PC USER

89コメント 登録日時:2019-09-12 00:26 | ITmediaキャッシュ

9月11日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントで数多くの製品が登場した。発表会の情報だけでは分からない、iPhone 11シリーズと新型Apple Watchの魅力に迫る。 (1/4)...

Twitterのコメント(89)

背面ガラスがクッソ硬いと豪語するノビとアポーの言葉を信じて、スマホケースは背中丸開きのバンパータイプにしてやったぜ。
大丈夫なんだろうな
Watchは多くの人命を救った実績を持つ21世紀の健康ツールとして、目を見張る進化を続けている。言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質
@br0ken_54 とりあえずProは強そう......
新型iPhoneは林信行ポエム読むまで含めた風物詩になりつつある
あったあった。これを見ないとApple発表会は物足りない /
やっぱりガラスはコーニング社。 / USER)
ポエム・・・たいていのガラスはたいていの硬貨より硬いんだぞ。で、硬いからこそ衝撃で割れるんだが・・・(笑) >
総務省や厚労省は国民生活に寄与する規制撤廃を急ぐべきです。
"超広角の状態から望遠の状態まで極めて自然にズームできる"まじか。アングルは変わっちゃうはずだけど、どういう仕組なのかな? //
いつもの人かぁ。よいしょ、よいしょ…お仕事大変ですね…
なるほどねー
発売されたら触りに行ってみるか
買う金ないけど…笑
こんだけ書いてて(ほとんど読んではいないが)、言葉では伝わらない、として、最後に「取材協力: Japan」と入る様式。

言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4) - ITmedia PC USER
背面ガラスなのか、馬鹿なの
引っかきに対する強さより、割れたりヒビ入ったりしない強さが欲しいです。 /
11は、落ち着きのある6色での展開だ。新たに加わった超広角レンズを使えば、従来より4倍広いエリアを撮影できる。
最初に数行を読んだだけで「あ、絶対買ったYouTuberがネタにするやつだ」と思ってしまったw
ついに伝わらなくなっちゃった…… /
徹頭徹尾褒め続けてるあたり、俄では追いつけない「林檎文学」の片鱗を見た気がした
なにかと中華スマホ持ち上げたがるオタクいるけど、値段の安さの影には色々コストダウンでけちってる部分もあるってことを理解しよう
1セント硬貨のぐたりは、壇上や映像でやってもいいと思うけど、数字取りに目が走ってる誰やらが、一斉にそれをやり出すのが容易に見えるので、 知る人ぞ知るものとしておいてもいいかもしれない。
これまで歴代のスクラッチテストをやってきた人がやる方が説得力ありそう。
> ズーム操作のどこかの段階で超広角レンズ、広角レンズ、望遠レンズの3つのレンズを切り替えていて、切り替えるとそれによって被写体の場所がズレるはずなのに、それが全く分からない
いろいろあるけど
「いや、動いてもらいたいのは総務省だけではない。厚生労働省もそろそろ簡易心電図機能などに関する規制を緩めるべきタイミングではないだろうか。」
ここだけは同意。
センサーの発達で簡易的な医療系の計測がいろいろできるようになったのは確かなので。
カメラ重視か / USER)
愛とリスペクトに溢れた良記事であった。
そろそろ僕もwatchに手を出そうかな。。。そろそろ出してもいい気がする。
watch買ったら、ベルトはWena wristにして、2台の通知を受けられるようにするんだ。

Watchで2台のiPhoneに接続させてくれたらいいのに。
それを言葉で使えられなくなったappleの劣化は見て見ないふりする信者
一人の人の大きさを感じる
ガラス素材変わってんのか。総務相と厚労省の規制緩和は確かに欲しいところだな -
タイトル見ただけで誰が書いたか予想できた /
iPad Proのスピーカーは驚くほど良かったので、スピーカーの件はそう言われると期待が高まります >>
Android と変わらんと思ってたけど、中身は地味に便利そう.
11であのiPhoneカメラ特有の色味が無くなってたらちょっと迷うなと思ってきた  言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4)
Mobile

林信行定期
やっぱりアップルはすごいんだ…
もはや自転車雑誌のインプレの如しw
NowBrowsing: USER:
発表みて要らないなぁという人が大半だったのでは。
だからこそプロダクトの質の高さ、展開サービスの良さを伝えてくれる人は希少。安易にオワコンとか言ってるだけではつまらない。
Watchの心電図などの規制緩和については本当に同感。省庁批判というわけではなく、純粋に何が障壁となっているかを知りたい。 /言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質
最後に(取材協力: Japan)とあって『毎度おなじみのポエムも本社には"日本では有名なITジャーナリストのレポートです"と報告してそう』と思った。 / “言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4) - ITmedia PC USER”
まだまだ8のままで良いやと思ってたけど、 11が欲しくなってきた...

0.01ドルに気付かされた新製品の価値:言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4) - ITmedia PC USER
>「一体、何が!?」
>おもむろに取り出された1セント硬貨。その側面で発表直後の「 Pro」の裏側(かなりきめの細かいすりガラス状)に強く押し付けてガリガリとこすりつけはじめる。


1セント硬貨:亜鉛97.5% 銅2.5%
亜鉛のモース硬度 2.5
本来、iPhoneの良さって「敢えて語らずとも」だと思っていたが・・・。
あとカバーガラスがサファイアガラスになるのはいつですか。
林先生の新作ポエムきた / (94 users)
まーわかるけど目立たない所にコストかけてクオリティーが高いのはアップル製品として当然のこと。その上でデザイン的に感動がいる。「レンズ3つあります」って見栄えをどーにかして欲しかった、、、Xはクールだったのに。
硬貨で削っても、傷がつかないガラスは産業用途を考えると興味がありますね。
個人的には、アップルウォッチの進化に興味があります。
このまま、健康目的のツールを充実させていくのか、スマートフォンの機能を代替できるようになるのか。
コインよりガラスの方が硬いのって実は普通では?モース硬度で一般的に銅製硬貨は3.5、ガラスは5らしいし。 XSの背面を10円玉でこすってみたが傷はつかなかったよ。(つるつるなので10円玉も削れない)
すげぇ(買わないけど
林氏のレビュー。ガラスがすごいらしい。
“新iPhoneは、販売時点で分かる製品の魅力は氷山の一角だ。これからOSアップデートを重ねることで、さらに大きな魅力を発揮する製品になっている” →
相変わらずの針小棒大記事
ダメなのは Watchが進化()したから行政も何とかしろってところ
今まで働きかけて来ているならまだしも進化()したからそろそろとか笑わせる

言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質(要約)
-
質感がどうのこうのとかどうせケース付けるんでしょ?
- 上手にiPhone11を褒めている。さすがプロ。
今回のガラスはコーニングと共同開発だけど、他社には卸さない製品らしく、コインスクラッチはつかないぐらい強いんだとか
>日本人が海外にいっても、ほとんどの国で緊急電話がかけられるのに、なんと海外の人たちが日本を訪問し、同様に緊急電話をかけようとしても、日本ではこのサービスが利用できない

→ 心電図モニターの件もそうだけど、国は人命を優先に物事を考えて欲しい。恥ずかしい話だ
ポエムではないけど
しかしこのポエムはポエムで背面の材質の良さが伝わらない。1セント硬貨はほとんど亜鉛と銅でできていて硬度が低い。アメリカの観光地の定番として、手でハンドルをグルグル回して1セントコインを押し潰して記念品に加工する機械があるぐらい。
🏮記事はノビーの仕事になってるね。
"厚生労働省もそろそろ簡易心電図機能などに関する規制を緩めるべきタイミングではないだろうか。"

ほんとその通り!
ほしい。。。
現行の XSだとカメラでズームしたとき、×2のところで一瞬画面がカクッとして画質や色合いが微妙に変化するのが気になっていた。11 Proだとスムーズらしいので期待。
色々ふむふむ。>
>われわれ日本人が海外にいっても、ほとんどの国で緊急電話がかけられるのに、なんと海外の人たちが日本を訪問し、同様に緊急電話をかけようとしても、日本ではこのサービスが利用できないのだという。これはどうも総務省が設けている規制に問題があるようで、
「ズームの度合いを画面上のホイールを回して操作すると、その超広角の状態から望遠の状態まで極めて自然にズームできることに驚かされる」
いつものポエマーさん、今回はガラスで攻めてきたんですね。さすがに今回の内容だとちょっと苦労したんじゃないかな、という気はします
あとで読む
シリーズの売りは、超広角レンズとナイトモードによる撮影だろう。圧倒される広角表現とストロボを使わない薄暗さの表現。それが写真の持つ真の魅力だ。言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4) - ITmedia PC USER
“史上最大規模の40万人からのデータを利用して、スマートウォッチとして初めて心房細動を検知することが可能に” /
今回ばかりは流石のノビーもヨイショのし所に苦労してるっぽいw
あとで読む →
そろそろ買い換えよう。
総務省と厚労省に届け
どう伝えているか、あとで読む
「厚生労働省もそろそろ簡易心電図機能などに関する規制を緩めるべきタイミング〜」というのは、いわゆる岩盤規制の一つで、これを認めてしまうと医療・健康産業の利権が掘り崩されてしまう。ほぼ無理かと。
確かに超硬ガラスを証明しているが、衝撃に対しての「粘り」はどうなのか、そちらのほうがスマホには重要ではないのか/
新型iPhoneについても、
表層ではなく、その本質を理解しにいきたい。
参考になりました。

ありがとうございます。
詩人記事きた
NOBIさんらしいまとめだけど、キツイ。笑
やぱ5G機が控えてるし、今年もスルー決定。繋ぎの7か8の中古買おかな。
Watchのヘルスケア機能は素敵。総務省&厚労省シッカリ仕事しろ。課題はやっぱバッテリ。

- 言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質
nobiさんの記事はいつも詳しくて分かりやすい。そして、Apple愛を感じる。
0.01ドルに気付かされた新製品の価値
ハードの進化もそうだけど、iOSの進化がすごい。
“ 「一体、何が!?」おもむろに取り出された1セント硬貨。その側面で発表直後の「 Pro」の裏側(かなりきめの細かいすりガラス状)に強く押し付けてガリガリとこすりつけはじめる。“ / “言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4) - ITmedi…”
やはりAppleは異次元のすごさ
「おもむろに取り出された1セント硬貨。その側面で発表直後の『iPhone 11 Pro』の裏側(かなりきめの細かいすりガラス状)に強く押し付けてガリガリとこすりつけはじめる」
新iPhoneの特徴は、どれも既に耳にしたことあるような言葉ばかり。
でも、実はその度合いこそがスゴイのです。冒頭の珍事には心底驚きました。
以上

記事本文: 言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4) - ITmedia PC USER

関連記事