TOP > IT・テクノロジー > Microsoftが「Office 2019」よりも「Office 365」をプッシュする理由 - ITmedia PC USER

Microsoftが「Office 2019」よりも「Office 365」をプッシュする理由 - ITmedia PC USER

15コメント 登録日時:2019-02-14 12:28 | ITmediaキャッシュ

Microsoftのオフィススイート永続ライセンス版「Office 2019」が発売されたが、同社自身でクラウド版の「Office 365」をプッシュする動きが顕著だ。...

Twitterのコメント(15)

と言っても、モバイルだとどうしても通信量の問題があり、なかなか常用する気になれないという。
大して変わり映えもしないOfficeに金を掛ける気はない😝
いつまでもOffice97を使い続けようとする企業をなんとかして欲しい。
USER: Microsoftが「Office 2019」よりも「Office 365」をプッシュする理由.
永続版OfficeをバンドルしたPCばかり販売してるくせに、Office 365プッシュとか理解に苦しむ施策
なんでもかんでもクラウド化には賛成しかねるが、古いソフトウェアの保守にかかるコストを考えればそりゃローリングリリースを勧めたくなるわな。
365」をプッシュするワケ
365つかってるけど、何が最新機能なのかはわかってない私。
@AsakuLuck  ごめんね 今日のニュース忘れるところだったよ
収益の安定化とか旧バージョンサポートコストの削減とかでサブスクリプションモデルに力を入れるのはわからんでもない。でもデフォルトの保存先を変えるのはやりすぎだと思う。『 365」をプッシュするワケ』
日本の場合バンドルじゃないと売れない事情があったりするもんな。
(Surface系がバンドル付きだし)
そもそもMicrosoft Officeから卒業してフリーソフトに切り替えても良い気がする。

365」をプッシュする理由(要約) - ITmedia PC USER
そもそもOneDriveが死ぬ程使いづらい
以上

記事本文: Microsoftが「Office 2019」よりも「Office 365」をプッシュする理由 - ITmedia PC USER

関連記事