W杯のボールにはセンサー搭載 大会を支えるAI、コネクテッド技術とは - ITmedia NEWS

48コメント 2022-11-24 13:23|ITmedia

サッカーワールドカップ・カタール大会では、AIやコネクテッド技術が試合のジャッジに活用されている。「半自動オフサイド判定...

ツイッターのコメント(48)

あぁこれか。 フィールド上の位置関係は12台のカメラで把握、ボールの状態は内蔵の慣性センサーでか。 ボールのセンサーは蹴った瞬間と設置した瞬間あたりを検知しているわけか。
逆転ゴールを演出したゴールライン上のボールもセンサーが感知していたようです。サッカーもハイテク化されているのだ。
審判一人でいいだろこれ
大会を支えるAI、コネクテッド技術とは(要約)

ええよ
これで審判も苦しむ人減る
スタジアムには選手の手足やボールの位置を認識するためのトラッキングカメラを12台設置。ボールにも「慣性計測センサー」という“仕掛け”
ライン割ってた説を一蹴>ボールの位置を認識するためのトラッキングカメラを12台設置。ボールにも「慣性計測センサー」という“仕掛け”がある。このセンサーでボールの状態を検知し、データをビデオ判定のオペレーションルームに送信している。
これかボールにセンサーありと
ハイテクなボール⚽️で、中に位置がわかるセンサーが入っているので、誤審ではないはずです。
サッカーのことは全く知りませんが

今のWカップのサッカーボールの中には
センサーが入っていて
ボールの位置情報などを、オペレーションルームに
送信しているんですね。

ということは、あの審判員は、
Oルームの結果を待っていたのか?

すごい技術ですね😆
これか。すげー
これがなかったらスペイン戦の二点目はなかったかも/
センサー積んでるのか!そりゃ正確。。
↓だそうですわよ。VARもあるしね、うん。
半自動オフサイド判定とかできるのか。
だからゴールが認められたのか。
センサー付いてるならインかアウトの判定楽だよね。
こういう事なのか。
さすがに人間じゃ見極めるの無理だよねww
AIが命懸けの試合を支える。
蹴られたかどうかを判定するために加速度センサというか衝撃センサを内蔵してる感じかな。人の動きはカメラ画像で採るのね。へぇー
あのVAR判定もボール自体がインライン判定してたのかもな
三笘選手のプレイ、ボールがラインを割ってるかどうかでごちゃごちゃ言われたら
今回のW杯はこれだけの機械やセンサー導入してVAR判定してるんだよってのは言いたいよね
そもそも、今のサッカーってボールにセンサー埋め込んでいるのか
知らなかった
ゴールラインが話題ですが、今回のボール、トラッキングについては以下の記事が詳しいです。一度見てみて。技術大好き。
"カメラとセンサーを使って選手やボールの位置関係やシュートした時間などのデータ…"

これで不明瞭さも一気になくなるからジャッジによる正当性が非常に高くなるからすごい
更に追記すると、今大会の公式ボールには、なんと『慣性計測センサー』が搭載されています。これによりデータをAIに分析させて、より精密なジャッジに繋げている。という事なんです。凄いよなあこのテクノロジー。
オフサイドもAIが半自動判定してるのね
これはオフサイドだけじゃなくて2ゴール目にも活躍したのかな?
スペイン戦の逆転弾は今大会じゃなければ認められていない!まさに奇跡の逆転弾!
いろいろ凄い。

>ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)
>スタジアムには選手の手足やボールの位置を認識するためのトラッキングカメラを12台設置。
>W杯のボールには「慣性計測センサー」
【 】
すごい!😳
ボールにこんな技術を導入してたんだ。
昨日の飲み会でW杯の話題に。ボールにセンサーが入ってると教えてくれた。調べてみたら本当だ!トラッキングカメラと組み合わせてビデオ判定に使うよね😲
あとでよく読む。

[ ]
>今大会から導入「半自動オフサイド判定技術」スタジアムにトラッキングカメラを12台設置。ボールにも「慣性計測センサー」が内蔵。このセンサーでボールの状態を検知し、データをビデオ判定のオペレーションルームに送信している。
「モノが動く」=「データが発生する」ということかと思います。

どのような、システムアーキテクトかも気になりますが、システム管理がなされるものなのか気になります!
👉スタジアムには選手の手足やボールの位置を認識するためのトラッキングカメラを12台設置、ボールにも慣性計測センサーという仕掛け
👉この2つの仕組みを組合せデータをAIに分析させることで自動的にオフサイドを判定→検証にかかる時間は数秒程度
👉最終判断は人間が下す
もうこんな技術が実装されていたのね👀💡
IoTも進化してるなぁ
サッカーW杯では、AIとコネクテッド技術が活用されています。

「半自動オフサイド判定技術」は、12台のカメラと「慣性計測センサー」搭載のボールを使って、選手やボールの位置関係やシュートした時間などのデータを基に、半自動的にオフサイドを見分けるというものです。
野球にも早よ取り入れろ。 誤審審判追い出せー
本日も営業終了の時間となりました。初日の1ゴール(ナシよ)目から活躍のVAR

有名選手や強豪国のオーラなんてバッサリ。他のスポーツもこういった技術取り入れていくんでしょうかねぇ。
まあだからといって審判の手腕や力量がないと、試合ブツ切れになりそうでまた明日。
【 - 2022/11/24】

* 「半自動オフサイド判定技術」
* 選手の手足やボール位置を認識する12台のカメラと、ボールに搭載のセンサー
* これらデータをAIが分析しオフサイドを通知、オペレーターが検証する
AIとコネクテッド技術が試合のジャッジに活用

スタジアムには選手の手足やボールの位置を認識するためのトラッキングカメラを12台設置

ボールには「慣性計測センサー」

公正な試合は安心感を感じる👏
~カメラとセンサーを使って選手やボールの位置関係やシュートした時間などのデータを基に、半自動的にオフサイドを見分ける
以上
 
PR
PR