尼崎市、全市民46万人分の個人情報入りUSB紛失 委託先従業員が飲食店でなくしたか - ITmedia NEWS

47コメント 2022-06-23 13:21 ITmedia

ツイッターのコメント(47)

USBフラッシュメモリをUSBと略する文化は滅んでほしい。 | -
アル中はアフォばかりだな。
4人で飲食店で会食したそうで。コロナ禍で会食も問題だな(`Д´)
これはすごい。
会社の情報セキュリティ研修でやった事例そのままじゃないか!
(なお、研修している会社はハラスメントが多い)
起きてしまったことは取り返しがつかないので、せめて建設的な再発防止策を徹底的に検討して欲しい。
どうか、付け焼き刃的に「USBに個人情報を入れる前、入れた後、持ち帰った後は随時上司に報告書を出す」みたいな明後日の方向にズレた対応にはなりませんように。。
「兵庫県尼崎市は6月23日、臨時特別給付金の支給事務にあたっていた委託先「BIPROGY関西支社」(大阪市)の関係社員が、全市民46万人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失したとして謝罪」
| これはやっちまいましたねぇ。そもそもデータの運用が杜撰すぎるとは思うけど、それはどんな場合も市の責任ですからね。金銭目的で盗まれてたら確実にクラックされますね。
紛失した事実や個人情報の扱いはもちろん大問題だとオイラも思うけど…
尼崎の治安を問題視する方はいないのね…(^^;;
ウシジマくんの売上金を金庫に預けず飲み会に参加する話を彷彿とさせる
これ絶対来年の情報セキュリティ教材に載るな…
典型的な例をそのままやってる…
しかもパスワードの桁数まで言っちゃうなんて……

 委託先関係社員が飲食店でなくしたか(要約)
ITmedia: 委託先従業員が飲食店でなくしたか:臨時特別給付金の支給事務にあたっていた委託先従業員が、全市民46万人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失したとして兵庫県尼崎市が謝罪した。USBメモリ...
 
PR
PR