TOP > IT・テクノロジー > 「行政手続きの99.247%で押印廃止」河野大臣が明らかに “霞ヶ関の慣行”も - ITmedia NEWS

「行政手続きの99.247%で押印廃止」河野大臣が明らかに “霞ヶ関の慣行”も - ITmedia NEWS

22コメント 2020-10-16 20:46  ITmedia

河野太郎行革担当相は10月16日の会見で、約1万5千の行政手続きのうち、99.247%の手続きで押印を廃止できると明らかにした。

ツイッターのコメント(22)

文書保管でいろいろ改革されデジタル化を進めるとのこと。素晴らしいですな。

それではここで、メディアの寿命が50年も保証された5インチMOユーザーから一言。
「(ぶっ壊れたドライブを見て)保存よりも読み出しです」

どさくさに紛れて5インチMO復活キボンヌwww
千枚通し業者、こより紐業者、青枠用紙業者あたりからも批判殺到するんかね?

フフッてなる。
・行政手続き約1万5千種類
・内、99.247%の手続きで押印を廃止可能
・各省庁が押印存続で検討と回答したのが約111種類

サインで良いとなるのかな😲
そういえばお客さん貸出用の良いペンとか、まだ考えてなかった。
それはそれでいいけど、国が祝日などのデータを JSON、XML、CSV で配布してくれよ。 お願いですよ河野大臣様。
もちろんアーカイブはちゃんと残して欲しい。
>電子認証などが導入されるだろう
現場「判子が禁止されたので、紙に手書きでサインしてください
とかなる悪寒
公文書のデジタル化、いいと思います。

偽造などの不正は、できなくなります。

国民が、監視することができますからね。
スゲー(゚∀゚)
他も期待してます!

行政手続きの99.247%で押印廃止
いつかやるべき必要なことなのだろうけど、そんなにこっち側にやってる感アピールされても困惑する…という気持ちもある/
意思決定権が誰にあるか。決めて実行しなければ意味ないもんな。覚悟さえあれば進めていける

 “霞ヶ関の慣行”も(要約)
こうなってくると、ハンコ押したくなる。 /
すごい勢いで改革が進んでいる感じがあって、とてもいいと思います。
押印の見直しというより、承認フローの見直しが必要かと。
あと、承認フローを見直した後の、リソースの再利用をどうするのかが見もの。 /
話が本質的に変な方向に行っていると思う。そもそも「押印の廃止」は政治の目的じゃない。コロナ禍での「押印のための出社」のようなことをなくすために「押印を代替する利便性の高い認証手段」を普及させることが目的だ。「押印の廃止」は単なるその結果に過ぎないことだ。
押印の廃止であって、ペーパーレス化ではないんですよね。
早くペーパーレス化が進むと良いですね、、、

ちなみに、ペーパーレス化をしないのに押印だけ無くすと言うと、どうやって紙の書類に対して原本証明をやるのだ...
押印もちろん、役所に行かなくてもネットでダウンロードできるようにして欲しいものがたくさんある。 /
とても小さな行革。
ばーか、ボンボンボンボン‼️

アホの遠吠え‼️

糞ターケ‼️

 “霞ヶ関の慣行”も(ITmedia NEWS)
この中で行政書士が関係する申請手続きがどれくらいあるのか気になるところ。
官僚が定規で文字の位置測ってるの想像してちょっとクスッときた
人が無駄な労働から少しでも解放されるのはわたしの願いでもあるので手続きのデジタル化が進むのはとても喜ばしいのです
こよりと千枚通しとか小学生頃に親の仕事を手伝ってた頃くらいしか覚えがない。それを今までありがたくやってたのか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR