TOP > IT・テクノロジー > 「AIを過大評価する一方で、天才のひらめき軽視しすぎでは」ひふみんのツイートに共感と称賛 - ITmedia NEWS

「AIを過大評価する一方で、天才のひらめき軽視しすぎでは」ひふみんのツイートに共感と称賛 - ITmedia NEWS

17コメント 2020-06-30 11:34 | ITmediaキャッシュ

藤井聡太七段が「棋聖戦」の第2局で指した手が、「AI超え」と称賛されていることに対して、「ひふみん」こと加藤一二三さんが「AIを過大評価する一方で、天才棋士の頭脳のきらめきやひらめきを、そもそも軽視しすぎの世の中ではないかと歯痒い想いがする」とツイートし、話題になっている。...

ツイッターのコメント(17)

>そもそもAIは、人間の棋譜を大量に学習しているから、AIが人間に勝ったという表現はおかしい

最新AIは別に、人間の棋譜なんて参考にしないよ
AI同士で戦うから
Twitterの良いところが凝縮されたやりとりのまとめ。
将棋の藤井聡太七段(17)が、6月28日に挑んで勝利した「棋聖戦」の第2局で指した手が、「AI超え」と称賛されている。
うーむ、確かに人間はAIに勝てないと言うのは未来を含めて宗教的な感覚になるかもしれないな。
ところでこの文章がツイートされた背景はこの辺りを読むのが良さげ。
AI礼賛の根っこにあるのは、AIへの正しい理解が進まないってところじゃないかな……と
ひふみんって素敵な文章を書かれるんですね。やはり一流の人は思考の幅も累積量も違うから言葉に滲み出るのかな。自分もそういう境地を目指したい。
人間の計算力や思考力では短時間で何億手も読むなんて不可能だからね。ひらめきって凄いよ 『 NEWS』
ぐぅの音も出ない
「AIの過大評価」という言葉に違和感を覚える。ひふみんが個人的感想として言うのはまあしゃあないかなと思うけど、その発言がここまで共感や称賛されるの、それはそれでどうなの?
別に過大評価も軽視もしていないと思うけれど。
AIを作るのも設定するのも人間なんだし。

[ News] 「AIを過大評価する一方で、天才のひらめき軽視しすぎでは」ひふみんのツイートに共感と称賛
AIが本当に「考えて」いるのか、単に棋譜を総当りして最善手を探しているだけなのか、そこも問題だ。
15年くらい前から羽生さんが言ってたよねという話ではあるのだが……:
人間とAI、双方に対する理解を深めていかねば…
確かに。|
以上
 

いま話題の記事

PR