TOP > IT・テクノロジー > 遠隔合奏のために、音質、低遅延に全振りしたいと思います ヤマハ「SYNCROOM」始動、開発の狙いを聞いた (1/3) - ITmedia NEWS

遠隔合奏のために、音質、低遅延に全振りしたいと思います ヤマハ「SYNCROOM」始動、開発の狙いを聞いた (1/3) - ITmedia NEWS

39コメント 2020-06-29 18:27 | ITmediaキャッシュ

NETDUETTOからSYNCROOMヘ。どこが変わったのか、担当者に聞いてきた。 (1/3)...

ツイッターのコメント(39)

YAMAHAの合奏アプリが新しくなったから入れてみた。楽器のアイコンがめちゃくちゃおしゃれになってる👀性能面はどうなんだろなぁ〜。記事になってた:
遠隔合奏のために、音質、低遅延に全振りしたいと思います「SYNCROOM」始動、開発の狙いを聞いた
しばらくギター触ってないから、もう弾ける曲がないけど、体験したら何か再燃するかも >>
ネットデュエットはオケ流すとどうしてもズレちゃうのが致命的だったけど解消出来てんのかな。
いいなー。ドラムは家で出来ないからつまんない。
演奏環境は整ってるのですごく欲しいと思ったのですが、肝心の合奏する相手がいないことに気づくのに2分くらいかかりました。
使う環境整えます!
コレ使って配信B2Bしてみたい。
大ちゃんがチラチラ言っていたのは、コレね!
10年前から開発していて…web会議の応用は考えず遠隔合奏に全振り…こういう話とてもとても好きだな。読んでいて楽しく・嬉しくなる記事だ。
ヤマハの執念。時間できたら試してみたい。
遂にネットデュエットが正式化したみたい!!やったぜ!!
とても待ち遠しかったsyncroom、ようやく出ましたね!
でも機能的にはとりあえずオフィシャルになっただけっぽいf^_^;
とりあえず試してみます。
遅延と音質どこまでやれるのか。
20msecも遅れてたら遅そうな感覚がゲーマーとしてはあるが
これ試してみたい! しかしインターネットにつながる楽器、2オクターブのMIDIキーボードしか持ってないや
いいっすね
@EWi_Sawadah @minamin3020 ITmediaの記事によると、推奨じゃないけど、動かないわけではない、そうです。
UIが非常に日本的というか…もうちょいかっこよくすることで?世界を狙ってほしい気も »
昨日正式スタートになったのね |
コレはネットワーク関わってるヤマハならではの芸当だな…
出ては消え、また出てはすぐ消える夢のテクノロジーなんだよな…
これ、私も素朴に考えてました → MIDIデータのやりとりだけならデータが軽いからうまくいくのではないか? ヤマハの答えは「MIDIでも難しい」。
NETDUETTOまだ生きてたんだ -
ネトゲやTechをガチってて「1/60秒のラグ」の壁みたいなやつを理解してるつもりだけど、合奏の技術実現にはちょっと懐疑的。ベータ版公開ということで気になる。

手元の音を遅れて聞こえるようにする設計なら確かに実現可能かも。プレイしづらそうだけど。
⇩旧版しか使ったことないけど、新しくなってからもうちょっと使いこなしたい。まだまだましなマイクとか設備を充実させなあかんけど。
ヤマハ格好いい!バンドだけじゃなく遠隔DJでback-to-backとかも面白そう。
実はまだ試していない…
用途、目的がはっきりしてるサービスは、その目的を達成するための全振りでいいと思うな
これ、リモート運用そしてマルチオペでの音声系で使えそう。インストールして自分の声をネット経由で聞いてみたが若干遅延がわかる程度。キーボード経由でのCWなら40wpmぐらいでも何とかなりそう。1セッションで6時間までなので切り替えの運用を考える必要はあるが。
バンドやろうぜ。
記事名がラノベのタイトルかと思った…
本日サービスインみたいですね。ガチ勢なら安定の有線接続ですよね多分。
NETDUETTOを公式サービスとしてリニューアルしたのね
うおおお
エリクソンみたいな通信業者からのアプローチとはまた少し違った感じになるのかも
うちの環境ならある程度機能しそう。マルチがオーディオインターフェイスになるし。仕事用マシンであまり遊びたくないから、そのうちに音楽&ビデオ編集用マシンを用意するかなぁ。
以上
 

いま話題の記事

PR