TOP > IT・テクノロジー > 自分を持ち上げ障害物を乗り越えるロボット掃除機、パナソニックが商品化 fuRoの技術を導入 - ITmedia NEWS

自分を持ち上げ障害物を乗り越えるロボット掃除機、パナソニックが商品化 fuRoの技術を導入 - ITmedia NEWS

15コメント 登録日時:2020-02-10 14:45 | ITmediaキャッシュ

パナソニックが千葉工業大学未来ロボット技術研究センターの技術を採用したロボット掃除機を発売する。レーザーを使ったマッピング技術に加え、本体を持ち上げて障害物を乗り越える機構を実現した。...

ツイッターのコメント(15)

でもお高いんでしょう?

『3月下旬から15万円前後(税別、オープン価格)で販売する』

🥺
ruloって、slam使ってたのか。音声認識と人追従もできてすごいな。
25ミリの段差を越えるのはすごいけど、15万円は高いなー。ニーズあんのかなー。 |
敷居などの出っ張りを乗り越えられる様になるのね。隣接する隣の部屋もいちいち人が運ばなくて済むのは助かるね。
猫のゲ◇を自動回避してくれるロボット掃除機が欲しいですね。
我が家のRUMBAは時折猫ゲ◇ペーストマシンと化した後事実上引退勧告を受けました
これのニュースでやってたけど、ロボット掃除機の日本の普及率って7%なんだと。まだ潜在需要はあるんだなあ。
これからの更なる進化も楽しみです。
色々障害物を避ける機能を搭載した挙げ句,価格が高騰して海外では売れないっていうガラパゴスルートが見えた
なんかこの丸っこい感じ、3DOを思い出した。  fuRoの技術を導入(要約)
3月下旬から15万円前後(税別、オープン価格)で販売
パナソニックが、ロボット掃除機「RULO MC-RSF1000」を発表
レーザーを使ったマッピング技術に加え、本体を持ち上げて障害物を乗り越える機構を実現とか。
最大25ミリまでの段差に乗り上げ走行できるみたい。これはすごいね…
今までのロボット掃除機はどこぞの欠陥戦車みたいにちょっとした段差でもスタックするのばっかりだったけど段差を乗り越えられるなら欲しいかもしれない。
お掃除ロボットって使う前にある程度片付けるのが面倒なんですよね...
それは掃除機も一緒か
段差を乗り越えるメカ内蔵
凄いな😯

"パナソニックがfuRoの技術を採用したロボット掃除機を発売"
"レーザーSLAMで室内をマッピングして効率良く掃除"
"本体前部を持ち上げて段差を乗り越える「アクティブリフト」も"
以上

記事本文: 自分を持ち上げ障害物を乗り越えるロボット掃除機、パナソニックが商品化 fuRoの技術を導入 - ITmedia NEWS

いま話題の記事