TOP > IT・テクノロジー > Twitter、リプライする相手をユーザーが選べる機能のテストを開始へ - ITmedia NEWS

Twitter、リプライする相手をユーザーが選べる機能のテストを開始へ - ITmedia NEWS

21コメント 2020-01-09 16:56 | ITmediaキャッシュ

TwitterがCES 2020でのプレスイベントで、ユーザーが自分のツイートにリプライする相手を4段階で制限できるようにするテストを開始すると発表した。...

ツイッターのコメント(21)

うん。試したい。
クソリプ防止機能。
これか!!!
@sayai33 そういった流れを受けて、twitter社側も”返信先に関する設定”のテストを始めるようです。

本来の用途から言えば制限でしかないような気もしますが、選択肢の一つ、ということで実装するのかもしれませんね。
時代の変化、というかクレーマーの声に負けたというか。
パクツイ警備員がリプライ入れられないとかなると、元ネタ知らないツイートは情報の出どころが正しいのか分からなくなるよね🤔

良し悪し。。
面倒だし使わないな〜
仕様が変わっていくTwitter。
今後の動向が気になる。
賛成派→自分のツイートにツッコミを入れられたくない
反対派→他人のツイートにツッコミを入れたい
結論:Twitterはワガママ
オープンに活発な議論が促進される場が制限されるのは、個人的には反対。
でも、心無い誹謗中傷に晒されるリスクを軽減することもまた、必要な要素かと。
これって要は、アンチ対策なのかな?
殺伐量が減ってしまう。残念な変更だ。
Google+にそんな機能があったような……
終わりの始まりにならなければいいけど。
よっぽどクソリプに関するクレーム多いんだろうな。
記事タイトル ちょっと表現違うと思う。 「自分の各ツイートにリプライできる相手を制限できる機能」でしょ
粘着質な嫌がらせや「批判が目的の批判」者に一部効果あるだろうが、デマや情報を歪めた発信、扇動、反感への別視点別角度の意見が読めなくなるね。盗作ツイも指摘リプライで気づけていた。

2020年01月09日
何これ面白そう
クソリプの排除!それはアンチのリプライじゃなくて「真意を読めない奴」のそれのこと。
プレスからもすでに指摘されているようだけど、デマを広めるのにはもってこいの機能となり得るので、「そんなことよりも時系列TLをデフォルトに戻しなさい」と申し上げたい。
リプライできませんとか弾かれるようになるのかな(・・; -
「Statement」に設定する人けっこういそうだな
以上
 

いま話題のニュース

PR