TOP > IT・テクノロジー > AI記者、AI小説家、そしてAI作曲家も――創作する人工知能を支える技術 (1/5) - ITmedia NEWS

AI記者、AI小説家、そしてAI作曲家も――創作する人工知能を支える技術 (1/5) - ITmedia NEWS

26コメント 2019-10-07 07:45 | ITmediaキャッシュ

ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「コンテンツ生成」について。 (1/5)...

ツイッターのコメント(26)

って作曲もできるのかっ!?
私の仕事もできるようになる日が近いな。
創作する人工知能を支える技術


<複数のレンズを搭載した専用カメラを競技場に設置しておくだけで、撮影したデータのクラウドへの転送、クローズアップすべきプレイの自動認識、シーンの切替、映像の加工・編集を行う>

ダイジェスト映像の生成やCMの挿入も可能。
ここ数年で話題になったクリエイティブ系AIまとめ😌
これ読んだらもうかなりのところまできてるの知ってびっくり!
好きじゃないと成り立たない時が来るのは近そうだ
「既存の音楽を使えば著作権違反になるし、オリジナル曲を作るのはハードルが高い。そうしたニーズの隙間をAIが埋めてくれる」>
いまや普段目にしてる映像や画像がAIが生成したものでもおかしくないんだな…
最近では機械が文章を書いたり、絵を描いたりする例も出てきた。今回は、こうしたコンテンツ生成の事例や技術についてまとめた。
現在主流のAI技術はあくまで既存のデータをベースにしたもので、人間の創作活動をAIが模倣しているに過ぎないともいえる★|
支える技術が人力だったら笑う。 /
#自分用メモ
恐らく最大公約数的なものはそれほど難しくなくできるでしょうが、狙って癖を出すのは意外と面倒な気はします。
これ、結構海外の機械学習スタートアップが網羅されてて良記事。
機械学習でどこまで創造できるのかを知れる。
「むしろAIが創作活動をサポートすることで、人間の創造行為はより豊かになるかもしれない」
/
アシスタントしての、AIによる文章作成、作曲、漫画等興味ありますね・・・
AIって、本当に色々な分野に進出してる。Iが描いた絵が4900万なんて驚き。今の勢い見てると、正直どの仕事にも入り込んで来そうだから、AIに仕事奪われるか心配して仕事の選択肢狭めるよりは、どうやって協業していくかを考えるほうがええんやろな。
商業音楽は低額でAIに作らせて、音楽家は自分の表現に特化したらいいんじゃないのかな。仕事が減るかもしれないけど、一定数ファンはつくと思うし。
曲作れないからAIに頼るのもありですね。
AIで作られた創作に著作権は発生するのか?という議論が有る様ですね。
やることなくなった先に さてどうやって暇つぶしして余生過ごすかな | よくわかる人工知能の基礎知識:
AI肖像画の高額落札の件 あらかじめ「AIで描いた」と言ったのかどうかが気になる。それを言ってるかどうかでも評価変わりそう
この結びはすき
AIのが普通の人間より高尚なことやらせてもらってる感
①AIが発達することにネガティブになる理由がわからない('・ω・')
②日本は、作る側としても、普及する側を見ても、かなり遅れている。
③AI⇒ディープ、文字制限やー
---

10/7(月) 7:05配信 ITmedia NEWS
よくわかる人工知能の基礎知識:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR