千葉台風関連の記事一覧

TOP > IT・テクノロジー > 2億4000万画素の衝撃! ソニー「α7R IV」で最先端核融合炉を激写した結果 (1/3) - ITmedia NEWS

2億4000万画素の衝撃! ソニー「α7R IV」で最先端核融合炉を激写した結果 (1/3) - ITmedia NEWS

64コメント 登録日時:2019-09-10 22:34 | ITmediaキャッシュ

ソニーが9月6日に発売したフルサイズミラーレスカメラ「α7R IV」で、2億4000万画素の写真を合成する機能についてレビューする。 (1/3)...

Twitterのコメント(64)

いやいや、郷ひろみかよ!
2億4000万画素、273MBのJpegすごい。絨毯はダウンロードしたけど、核融合実験炉も見たい……。
“ピクセルシフトマルチ撮影は、イメージセンサーを1ピクセルもしくは0.5ピクセルずらしながら撮影した16枚のRAWデータを、専用アプリケーション「Imaging Edge」で合成するというもの。合成後のデータは最大2億4000万画素” / IV」で最…”
動体でなく、無風環境で2億4000万画素で見たい物なんだろう?って考えたとき、最先端核融合炉はでてこなかったな~~~なるほどぉー。スペースシャトルもいいけど、三脚だめそうだしな。
32GBのSDカードでもアナログフィルムみたいな撮影可能枚数になっちゃうデータサイズで草
本来こういうものを出すべきだったのだ、という気がした。鳩氏にはいつも負けてる感じしかしない
みつめあーうー、しーせんのれいざぁびーむでぇ~
(中略)
じゃぱーーーーん!!
メモ
2億4000万画素・・・
一般の人はもちろんカメラマンでも、もはや写真を楽しむレベルを超えている。重すぎて保存しにくいし、通常のPCでは画像を開くことも難しくなる。
1ファイルがでかすぎw
16枚合成でRAW撮影しようとすると1枚に2GB以上使うってヤベェな
2.4億画素を計算してみると350dpiでA0出力してもお釣りが来るレベル
なんだかよくわからんがスゴイのはよくわかったww>32GB SDメモリーカードの撮影可能枚数が「まるでフィルム」
もはや何が何だかよくわからないw>
わらっちゃう

「32GBのSDメモリーカードを使用した場合、RAW(非圧縮)での撮影可能枚数は250枚。16枚合成の場合は15枚分しか保存できず、枚数だけ見ればアナログフィルムと見紛うばかりだ。」
エキゾチックw
ベイヤー配列の欠点がこれでかなり解消されそうな気がする。しかし、ファイルでかいなぁ。
@sanpati38 さぁ、おポチろう・・・?
筋肉(画素数)で全て解決しようとするゴリラ感がすごくよい /
色々変態すぎて好きですw
"32GBのSDメモリーカードを使用した場合、RAW(非圧縮)での撮影可能枚数は250枚。16枚合成の場合は15枚分しか保存できず"
2億4000万画素…32GBで15枚しか取れないだと…
「32GBのSDメモリーカードを使用した場合、RAW(非圧縮)での撮影可能枚数は250枚。16枚合成の場合は15枚分しか保存できず、枚数だけ見ればアナログフィルムと見紛うばかりだ。」

ヤバい。

一度でいいから撮ってみたいな
ソニーも面白い事を考えるなぁ🤔
これ接写したらどうなるんだろう?
ピクセルシフト機能でMAX2億4000万画素相当って…郷ひろみかよ(笑)
パケット通信でこの記事の3枚目見ちゃいけないやつだ。作例ひとつに273MBだと… /
iPhone もいいけど2億4000万画素もどうですか /
ソニーさんが狂ったカメラをコンシューマ向けにぶっこんできた。(ほめ言葉)
32GBのSDカードだと15枚ぐらいしか撮れないとか。
解像おっそろしいな。これはレイヤー泣かせ
これはやばい。
評価の原則としては、撮って出しのJPEG画像を掲載するのが筋なのだが、編集担当と協議したところ「1枚300MBの画像とか配信サーバも読者のパケットもアカンことになる」
冒頭の動画で笑っちゃった ヤバすぎ
4枚→16枚に合成写真増えたのか
センサに加えて画像合成技術が入ると凄いな。>
≫ファイルがデカすぎて標準ビュワーでは開けないことも>
ハンドリングが大変すぎて現実的じゃないな…『16枚のRAWデータを、PC用アプリケーション「Imaging Edge」で合成。合成後のデータは最大2億4000万画素(1万9008×1万2672ピクセル)1ファイル1.96GB、ノートPCでは出力に10分かかる』 / …”
何年も前にPENTAXがやったセンサーシフト技術の発展みたいな感じだけど16枚合成で2億4000万画素ってやばい。32GB SDカードに15枚しか保存できず「まるでフィルム」w /
自分では買う気は無いけど
貸してくれる人がいるなら試してみたいw
>撮影内容によってファイルサイズに増減はあるものの、とにかく1ファイルがデカい。OSの標準ビュワーで開ける気配がない場合は、PhotoshopやImaging Edgeなどを使用するほかない。 / - ITm…”
最初のなんでもない絨毯の写真というか動画がすげぇ。でもファイルサイズが2GBとか辛い… >
ソニー恐るべしw
iPhoneよりもこっちのほうが気になってる…/
動画でなく画像処理に10分かぁ /
画像処理は流石だなあ
夜景撮影なんかしてみたいピクセルシフト /
まだ人類には早すぎた感があるな………。
“ファイルがデカすぎて標準ビュワーでは開けないことも”…草 /
スゲー
「 IV」で最先端核融合炉を激写した結果」
2億4000万画素凄すぎるが、ファイルサイズハンパないw

>ピクセルシフトマルチ撮影で合成された際に生成されるARQファイルは1.96GB前後
しかし「2億4000万画素(1万9008×1万2672ピクセル)」の16枚合成写真は魅力的…
というか使うシーンが思い浮かばないのだけども。
三脚固定で真剣に撮影するってことは、美術品とかそういうニーズにはすごい魅力。
個人レベルで何撮る?
カメラもエモいが、被写体もエモい!
記事中、一発目のR4本体の写真についてるレンズwww
もはや、狂気やな…
半端ねぇな (;´Д`) /
ピクセルシフトマルチ撮影で合成された際に生成されるARQファイルは1.96GB前後、処理用にTIFF(16bit)でストレートに出力すると1.45GB前後。
19Kかぁ…ここまで画素数が多かったらラスタファイルもベクタファイルも関係ないな
とりあえず画素がすごいことはわかったし、PCスペックが上がれば各分野で活躍していくと思う。
しかし、最後に間違って開きそうになったw273MBはちょっと通信料がw
/
購入コスト回収していくぞい記事が掲載されたぞ!! ファイルでかいつらい。
以上

記事本文: 2億4000万画素の衝撃! ソニー「α7R IV」で最先端核融合炉を激写した結果 (1/3) - ITmedia NEWS

関連記事