TOP > IT・テクノロジー > 2019年のAmazon Prime Day。AWS上の42万6000台相当のサーバや1900個のデータベースインスタンスなどで乗り切る - ITmedia NEWS

2019年のAmazon Prime Day。AWS上の42万6000台相当のサーバや1900個のデータベースインスタンスなどで乗り切る - ITmedia NEWS

26コメント 登録日時:2019-08-20 12:49 | ITmediaキャッシュ

Amazonは毎年行っている、プライム会員向けのセールである「Amazon Prime Day」。2019年は7月15日と16日の2日間行われ、世界中の人に利用されました。AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏がブログを更新し、どれだけAWSのコンピューティングリソースが使われたのか紹介していま...

Twitterのコメント(26)

プライムデーという負荷テストだったんだ、なお来週バルス
この記事がでてたの3、4日前だよ。今回のAWSの障害が制御系の故障でオーバーヒートなんて信じられるわけがないのだが。
規模感が想像つかない。。。 →
aws落ちてもアマゾンのサイトは普通に生きてる。この前のアマゾンさんの「awsでプライムデーのウン兆リクエストをさばきました!」ってリリースは嘘やったのか。ec2使ってないのか?
Day。AWS上の42万6000台相当のサーバや1900個の ...
桁がやばい。qps4500万って何笑
ただただしゅごいとしか言えぬw
もはや桁が違いすぎて想像すらできぬw
某抽選チケットサイトもがんばって /
AWSのリアル負荷実験の場となってるな /
サーバ数半端ない笑
AmazonもAWS使ってるんだね!
規模がでかすぎてよくわからない(´⊙ω⊙`)笑

Day。AWS上の42万6000台相当のサーバや1900個のデータベースインスタンスなどで乗り切る(要約)
さすがAmazon。いろんな意味で桁違い。
ハンパねぇwww
想像もつかん。。
リージョン単位で知りたい
やっぱり規模が違うなー。。
AWSさん、頭オカスィ
DynamoDBには何のデータを入れてたんだろうか
Amazon DynamoDBに対して合計7兆1100億回のAPIコール。ピーク時には1秒あたり4540万回のリクエストを処理【記事より】
185ペタバイト データ転送 per 1 day
> 7兆1100億回のAPIコール
1480 億回のトランザクション

うおお、桁が違う...。
流石に次元が違うな
以上

記事本文: 2019年のAmazon Prime Day。AWS上の42万6000台相当のサーバや1900個のデータベースインスタンスなどで乗り切る - ITmedia NEWS

関連記事