TOP > IT・テクノロジー > 大量のbotが作った「架空の交通渋滞」 イスラエルで起きたハッキングと人間の「反脆弱性」 (1/4) - ITmedia NEWS

大量のbotが作った「架空の交通渋滞」 イスラエルで起きたハッキングと人間の「反脆弱性」 (1/4) - ITmedia NEWS

14コメント 登録日時:2019-08-05 08:20 | ITmediaキャッシュ

2014年にイスラエルで起きたハッキングを例に、AIとサイバーセキュリティの関係について考える。 (1/4)...

ツイッターのコメント(14)

AIは振る舞いとして定義された「攻撃」の検出はできるが、悪意があるかを検知するのは難しい。

人間の持つ”脆弱性”(から来る特性)が、AIの持つ”脆弱性”をカバーするのだと。
”靴下人形とは、文字通り靴下で作った人形のことで、手を入れて口を動かすことであたかも人形がしゃべっているかのように見せられます。”
>

パトレイバー2の架空の空爆みたいで中二病心をくすぐる
「仕組み」を知る事が第一条件。
タイムラグや信頼性、時間的変化等々、
パラメーターは幾らでも有る。
『仕組みを知り、確認する事』が全体的な回避方法。
偽渋滞情報の実験って、25年くらい前にイギリスでやってた記憶が...(当時GIS研究者)
AIは悪意の有無を認識できないので、弱点を人間がカバーしないと、という話 / NEWS”
“筆者が独自に調べる中で、「50人の米国在住の人形師」の存在がいくつかの事例に出てきている” 人形使い… / NEWS”
これはいい記事
AIは「悪意」を認識できない。確かに。
なかなかクサイ(褒め言葉)記事ですね。
AIは悪意を認識できない、というのは最近のサイバーセキュリティのホットトピックです。AIは振る舞いとして定義された「攻撃」の検出はできますが、悪意があるかどうかを検知するのは難しい(悪意を知らない)のです。...
なるほど

[ News] 大量のbotが作った「架空の交通渋滞」 イスラエルで起きたハッキングと人間の「反脆弱性」
「AIは悪意を認識できない」なるほど。『カーナビアプリ上で大量のbotが出回った結果、架空の交通渋滞が作られてしまいました。利用者は架空の交通渋滞を避けるために進路を変更するので、また別のルートでも渋滞が』 /  イスラエル…”
以上

記事本文: 大量のbotが作った「架空の交通渋滞」 イスラエルで起きたハッキングと人間の「反脆弱性」 (1/4) - ITmedia NEWS