TOP > IT・テクノロジー > マウスコンピューター、スマートホーム製品の販売終了 サービス終了後は利用不可に - ITmedia NEWS

マウスコンピューター、スマートホーム製品の販売終了 サービス終了後は利用不可に - ITmedia NEWS

57コメント 登録日時:2019-07-22 15:16 | ITmediaキャッシュ

製品群を利用するためのクラウドサービスも2022年6月30日に終了し、製品群は以後利用できなくなる。...

Twitterのコメント(57)

ディストピアの始まりか・・
出た!この継続性の無さ。思いつきで始めるサービス。
IoTなんて自分作った方がよっぽど。
家の家電を外から制御できるようになったら、メリットとデメリットはどっちが大きいのかという...。

マウスコンピュータで揃えてた人居たら大変かもね
わお 買った人...
クローズの仕方とその反応などいろいろ参考になる。ランディング期間に3年設けるのは結構良心的だと思うのだけど、わりとネガティブな反応多い感じ。 / “ NEWS”
IOTも考えものだな。|
これもなにげに大きな問題。IoTの闇。
絶対こうなると思ってた!むしろ思ってたより長く使えるぐらいでは
サービス終了でネット経由の操作できなったら、何のためにIoT家電買ったのかっていう話しだよね。サ終後も自宅内で完結することは使い続けられる設計にしておいて欲しい。>
»
うわ・・・これはまた最悪な・・・。。。
標準化しないとだめやな。 / “ NEWS”
こういうの怖いよね…。
早くもスマートホーム事業から撤退するところも出てきましたね。
現状では、まだ火がついておらず、収益化は難しいですからね。
利用できなくなるいうのはどうなんやろなぁ。。
え、撤退するの?購入した人が困るんじゃないかと。。
この構成だと、別にインターネットつながなくても使えそうだよね。なんでサービス終了で、家電コントロールまで不可能になるの?なんでクラウドサーバ経由する必要があるの?なぞ。
売れないと続かない
続かないと売れない
IoT云々言われてるけど、ランニングコストの掛かるサービスは全般、こういうリスクから免れる事は出来ないよね😨
こうなるからIoT家電を採用できないのよ。
IoT + クラウドの負の側面みたいな感じ。
↑「サービス終了」という脆弱性。クラウド化も「体力」が無いと信用されなくなるかもなあ。企業としては採算とれなきゃやめるしかないもんな。
結局こうなることが予想できたので誰も購入しなかった、みたいな (^◇^;)
スマートホームってサービス終了すると使えなくなるのか。
一瞬でスマートからdullになるって怖いな。
インフラを担う製品は大手以外を使うのは危険、ということですね
クラウドサービスも2022年6月30日に終了
スマートじゃないですね!何処かがやるとは思っていましたがスタンドアローン最強、次が家庭内で完結のシステムなのかな?ハッキング怖いし
でしょうな…。
特定の会社が提供するサービスは、どこのであれ、いつかは終了する…。

IoTには、例えて言えばEメールやDNSのような、特定の会社に依存しないシステムが欲しい。
ヤバそう。特に脆弱性とか -
えぇ、利用不可って
こういうの嫌だわ
しかし、どのサービスも終了したら終わるし、当たり前ではあって、そのことを前提として踏まえてなければいけないんだろうね。
IoT商品の弱点はこれ。永続的なサポートがなければ浸透しないだろうなぁ...
[link] :
サービスが終わったらインターネットにつながらない普通の家電になる
リスクの顕在化
住宅機器の寿命を考えたら急な打ち切りなんてとんでもないと思うが、きっと利用者がゼロなんだろう :
本格的なIoTでなく、リモコン機器ならスマートスピーカーでほぼ事足りるからなあ…
の恐ろしいところ。

ITは目立って「マジョリティが正義」なので、超大手以外のサーバー依存製品ってのは導入できない。
新築と同時にこれを取り入れた人とか、どうすんだろ。。かわいそう。
電子書籍とか、スマートホーム(向けクラウドサービス)とか、長期的な展望がないとやってられないビジネス。つまり補給兵站のことろくすっぽ考えてないから徒花ばっかり咲いてしまう。
ここの製品、種類豊富で良さそうだったんだけど、手を出さないで良かった。クラウドに依存する仕組みは怖いな。
-
ユーザーには難しい話だな。
こう言うのがあるから、手を出しにくいよねぇ・・・
引き継ぎ先でも探してくれればいいけど。
製品群が使い物にならなくなるのは困る…。
auもなんか似たようなのやってたよなー。
au oneメールのこともあるし、クラウドサービスのプロバイダは気を付けないといけないな…。
クラウドに依存した製品は買うな!って事で…
これがIoTの闇
電子書籍と一緒で、物によっては完全に企業に首根っこ掴まれてる
こういうケースもあるからやっぱりアナログが安全なんじゃって思うよね
電子書籍もサービス終了したらアウトなわけで(こわこわ)
スマート家電系も電子書籍ストア同様に店じまいで使えなくなるリスクが。やはり選ぶべきは事業継続可能性の高い巨人サービス(Google、Amazon、Apple)。
部屋に仕込んだ各デバイスがネットに接続・通信する機能を完全に無力化する対策を用意してますか?、というところが気になる。導入したユーザー全員がこの知らせをきいて適切に対応できるとは限らないぞ。
こういうのは最悪野良サーバー建てられるようになっていると嬉しいが、見よう見まねで野良サーバー立ててスマートホームが乗っ取られるとかもシャレにならんしなあ
酷いなぁと思うけど売れなかったんだなぁ…2022年までは面倒見るってことは、売ったものはおおよその製品寿命考慮して面倒みようってのはまぁ良いけど…
マウスコンピュータ、IoT製品販売終了。
利用するためのクラウドサービスも2022年6月30日に停止。
以降は家電コントロールとしての機能を失う。
これって不味くないかなあ?
そんなに早く耐用年数が来るものではないはずだし。
売れないからと言って、2022年6月でサービス終了で、その後は全く使えなくなるって、スマートホーム製品に対して無責任じゃない?とても怖くてマウスコンピューターの製品は買えないな。

//
やはり、自鯖でないとあかんなw
サービス終了後、APIのドメインが悪意ある者に取得されたらえらいこっちゃの予感
便乗で参入したんだろうけど、サービス終了で産業廃棄物になるんだったら最初から売らないで欲しい。
これがあるからクラウドサービス依存は怖いんだよなあ…サービス終了するならサーバウェアをオープンソース化してほしい /
こういうのがあると製品寿命ってものを考えさせられるな
ほとんど売れなかったんだろうけれど、もし購入してしまったユーザーいたら悲惨だな…> -
以上

記事本文: マウスコンピューター、スマートホーム製品の販売終了 サービス終了後は利用不可に - ITmedia NEWS

関連記事