TOP > IT・テクノロジー > SpotifyがミスによりKubernetesの本番クラスタを二度も削除。しかし顧客へのサービスにほとんど影響しなかったのはなぜか? (1/2) - ITmedia NEWS

SpotifyがミスによりKubernetesの本番クラスタを二度も削除。しかし顧客へのサービスにほとんど影響しなかったのはなぜか? (1/2) - ITmedia NEWS

15コメント 2019-07-08 12:18 | ITmediaキャッシュ

「KubeCon+CloudNativeCon Europe 2019」の基調講演をレポートする。音楽配信サービス「Spotify」運営元は、ミスによりKubernetesの本番クラスタを二度も削除してしまった。だが、顧客へのサービスにほとんど影響しなかった。それはなぜか? (1/2)...

ツイッターのコメント(15)

世界中にユーザーいるし大変だよなあ
いや、たぶんワタシのアカウント情報がぶっ壊れたのはコイツのせいだと思う。プレミアムをやめた。
失敗談とかのほうがタメになるって、はっきりわかんだね。
興味深い記事。まぁ、事故らないに越したことはないのだけれど。
NEWS
| "部分的な移行を推奨していた。..社内のものを使ってPodのIPアドレスを指していたため、..フェイルオーバーが可能となった"
止まらない学習する組織「社内には、失敗したときに人を責めるのではなく、そこから学ぶという文化を創ること。私がクラスタを削除したときでさえ、Spotifyのチームは私をサポートしてくれた」
この状態でも動くのすごいなぁ…
おきないに越したことはないけどw
Spotifyのインフラのリカバリについて参考になった!Kubernetesできるようになるためにがんばろ! / NEWS)
見てる:
"あるエンジニアがクラスタ定義の動作を確認するためレビュービルドを行ったところ、知らないうちにクラスタの状態を示すファイルが書き換わってしまい、これを本番用のコードにマージしてしまった。"
本番環境と開発環境を別タブで同時に開いて作業は僕もやります。自分が今何を操作しているのか、常に確認しながら。 / NEWS)
こっからの流れが良かった。すごいな。 “クラスタ作成をコード化することでこうした問題が再び起こることを防ごうと、Terraformを導入した” / “ (1/…”
素晴らしいな / “ NEWS”
非K8s環境にもフェイルオーバーできるようにするというアプローチか…
インフラの鏡だね〜これが理想型。

NEWS
以上
 

いま話題の記事

PR