千葉台風関連の記事一覧

TOP > IT・テクノロジー > AWS、言語やプロトコルに依存しないインタフェース定義言語(IDL)「Smithy」をオープンソースで公開 - ITmedia NEWS

AWS、言語やプロトコルに依存しないインタフェース定義言語(IDL)「Smithy」をオープンソースで公開 - ITmedia NEWS

11コメント 登録日時:2019-06-28 13:18 | ITmediaキャッシュ

AWSが、言語やプロトコルに依存しないインタフェース定義言語(IDL)「Smithy」をオープンソースで公開。Smithyを用いてAPIを定義すると、さまざまなプログラミング言語に対応したAPIのソースコードとドキュメントが生成される仕組み。正確で確実に相互連携を可能にするソフトウェアの開発が容易になると期待される。...

Twitterのコメント(11)

これ、しっかり整備されたら言語覚える負担軽くなりそう
しばらくは様子見かなー
これ結構気になったニュース
え!?!?すごない!?!???Smithyを使ってAPIを作っておくと様々な言語のAPI&ドキュメントを作ってくれるってことでしょ!?!?やばみ🤣👏🤣👏🤣👏***
まだβ版のためか、どのプログラミング言語に対応しているのか具体的な説明は見つからず、ツールのコードもまだ全てがそろっているわけではなさそう
拡張性とかを考えると最初からこのようなものに準拠していた方がいいですね
ほほう。

[ News] AWS、言語やプロトコルに依存しないインタフェース定義言語(IDL)「Smithy」をオープンソースで公開
ほほぉ・・・みてれぅ:
哲学だ。覚えれば便利な部分は多々あると思うけど。哲学だ。
Apache Thriftとどう違うんだろう。
以上

記事本文: AWS、言語やプロトコルに依存しないインタフェース定義言語(IDL)「Smithy」をオープンソースで公開 - ITmedia NEWS

関連記事