Microsoftの「OneDrive」に各種認証でロック解除が必要な「Personal Vault」フォルダ - ITmedia NEWS

13コメント 2019-06-26 07:29 ITmedia

Microsoftが、クラウドストレージ「OneDrive」の新機能「Personal Vault」を発表した。PIN、指紋、顔、ワンタイムコードなどを設定し、ロックできる。パスポートなどの機密データ...

ツイッターのコメント(13)

iPhoneの人が、エロ動画や写真を隠す方法!
OneDriveを使う事が解消できるかも🤔
Vaultって言われると、青い繋ぎを着せられて、人体実験されそう。
まずはオーストラリア、ニュージーランド、カナダで提供を開始し、年末までに世界に提供範囲を拡大する計画
コンシューマー向けの機能ですね(そりゃそうだw会社のストレージに会社に見せられないようなファイルを置くわけがない)
(*゚▽゚* っ)З じろー
ーー
・Microsoftが、クラウドストレージ「OneDrive」の新機能「Personal Vault」を発表
・PIN、指紋、顔、ワンタイムコードなどを設定し、ロックできる
・パスポートなどの機密データ保存向け
これがお父さん達が夢にまで見たフォルダ... |
via はてなブックマーク「テクノロジー」
ローカル側がBitLocker領域前提ということは、OneDrive for businessに追加認証機能とか使い勝手の制約を付けて一般向けにも提供するという形かな。制約少なければ利用したい人は多そう。 / “ Vault」フ…”
が大事なものを取っておく倉庫として使えそうな新機能を身につけます。日本で使えるのはいつかな?
日本まだなのか
「Windows 10 PCでは、Personal VaultのファイルをローカルなドライブのBitLocker領域に同期する。なお、OneDriveのファイルはすべて、転送中に暗号化される。」 |
以上
 
PR
PR