TOP > IT・テクノロジー > 「海外は量子アニーリングに見切り」──ハードもソフトも開発する量子ベンチャー「MDR」に聞いた「量子コンピュータの今」 (1/5) - ITmedia NEWS

「海外は量子アニーリングに見切り」──ハードもソフトも開発する量子ベンチャー「MDR」に聞いた「量子コンピュータの今」 (1/5) - ITmedia NEWS

45コメント 2019-06-03 09:31  ITmedia

世界有数の競争力を持つ日本の量子コンピュータのベンチャー企業MDRを立ち上げた湊雄一郎さんに「量子コンピュータの今」を聞く。 (1/5)

ツイッターのコメント(45)

もう量子ゲートができあがったら、スパコンなんて💩でしかなくなる。
#量子コンピュータ
実は、この記事の半年前にハネウェルのイオントラップマシンのこと聞いて、なんで海外が量子ゲートを集中的にやってるのか納得した。海外に出ないと、日本じゃ知り得ない情報。そしてすごい悔しかった。ハネウェルは当面日本には出さないそうなので、まずは米国経由で。
@50Around 教えてくださって有り難うございます☺️✨
大変参考になりました🎉🎉🎉㊗️
途中からまったく意味がわからなくなった。 /
事業としては誤り訂正技術の模索の他、量子コンピューティングの機械学習への適用を一つの重点課題として進める。
えっ、量子コンピュータのアニーリングってもう駄目なの? 後で読む。 / “ NEWS”
まったくわからない
問題をゆるくして解いて基準にして、それにそこそこ近い案を採用する見たいな変則策は廃れるのか?別の発展をするのか?

(5/5) - ITmedia NEWS
#量子コンピュータ
"「ソフトやハードの実装も大事だが、実績を公表できる形にするためにも論文執筆を大事にしていきたい」" 量子ゲート方式もやはりきっちり理解せねばならぬか…… / “「海外は量子アニーリングに見切り」──ハードもソフトも開発する量子ベンチャー「MDR」に聞いた「量子…”
もう量子アニーリングは見切りをつけられているのね。
量子コンピュータは量子アニーリングのイメージあったけど結構状況変わってた。
パワーワード「AI企業が差別化を図れる次のテーマというと、量子コンピュータ以外ないと思う」
"「実際に解きたい問題を量子アニーリング方式に落とし込みにくい」"

やっぱりそこか。まあ仕方ない
難しそうな記事を見つけた。
*論文では『できる』と書かれていても、実務的にはおぼつかなかった
凄まじい行動力。しかし「巡回セールスマン問題」が解けないってなんか笑えるな😅
4都市のTSPすら解けるか怪しいというのは衝撃的だな(とはいえ本当だろうか…)
量子アニーリング方式はノイズやハードウェア的な制限から厳密解までたどり着かず、多くは近似解にとどまる。
量子アニーリング方式には計算(量)理論がない。
この2点に尽きますね。
量子コンピュータのある世界が近づいてきた感じがする?
あとで読む。
興味深く拝読

・歴史、2つの方式の差異
・期待と実際、事業への応用を考えるとゲート式に軍配
・他社のハード開発は待てないのでハードから自社開発

個人的には、将来的にはアニーリングも必須になると考える(ヒトの脳が筋の良い近似解を出す事象を実装するため)
今まで読んだ量子コンピュータ関連記事の中で一番分かり易かった。|
興味深い。精査はしないといけないが、量子アニーリングが主流だと思っていた
"量子アニーリング方式…問題を無理やりイジングモデルに落とし込んであまり良いことになったことがなかった…巡回セールスマン問題が解けない…4都市の問題でも解けるかどうか怪しい…早めに損切りするべき" MDRも量子アニーリングを捨てたのですか…
分かったような,分からんような(笑)>
「実際に解きたい問題を量子アニーリング方式に落とし込みにくい」「巡回セールスマン問題が解けない」「金融分野はセキュリティ(略)や金融ポートフォリオ作成(略)などのために量子ゲート方式の計算を求める」 / “「海外は量子アニーリングに見切り」──ハードもソフトも…”
ちょうどこの人の本読み始めたタイミングで記事出るのタイムリーすぎる。
タイトルに対して内容を平たく言うと、量子アニーリングは、現状、商売としては終わっているとされている…だった
デジタルアニーラでえらい大きなqbitが出てきてもすげぇ計算結果のニュースは全く出てこなかったからねぇ。
金属を高温にしてからゆっくり冷やすと構造が安定する「焼きなまし」(アニーリング)という自然現象と同様の原理で問題を解いている。
イミフな言葉がいっぱいだ~
> 「実際に使ってみると全然解けない。4都市の問題でも解けるかどうか怪しい」
これはisingでの定式化能力ないだけでは・・・。
「海外は量子アニーリングに見切り」──ハードもソフトも開発する量子ベンチャー「MDR」に聞いた「量子コンピュータの今」(ITmedia) 刺激的な題名だが、なぜそうなのかは明解な一言で説明されている。「巡回セールスマン問題が解けない」なるほどそれでは使い物にならない!
この記事おもろーでした
>「海外は量子アニーリングに見切り」ハードもソフトも開発する量子ベンチャー「MDR」に聞いた「量子コンピュータの今」

>「ハードを自社で持っていないと、他社ハードウェアの開発待ちになってしまう。待っていても何も起きないので、自社で作ってみて判断した方が良い」
取材させていただきました >
年末のイベントに参加させていただいたときもとてもワクワクする話だった
量子アニーリング、オワコンになったってよ「量子アニーリング方式が得意とされる組み合わせ最適化問題が解けないというのは、衝撃的な情報だ。「実際に使ってみると全然解けない。4都市の問題でも解けるかどうか怪しい」」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR