TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > 東芝、脳の「海馬...

東芝、脳の「海馬」を模倣するハードウェア開発 一部神経細胞機能の再現成功 - ITmedia NEWS

91コメント 登録日時:2019-05-27 00:10 | ITmediaキャッシュ

東芝は、脳の「海馬」の中でも空間認知をつかさどる部分を模倣するハードウェアを米大学と共同で開発し、脳での神経細胞とほぼ同じ反応を再現したと発表した。...

Twitterのコメント(91)

まじか!
とうとう来たなこのときが

脳さえもつくれる時代🧠
空間を把握する脳の細胞再現ってめっちゃすごいな。同社は脳機能を再現するための研究を進め、自律移動型ロボットの小型化などへの活用に役立てたい。←色んな分野で応用効きそう
海馬って性欲も司ってなかったっけ?

大手企業に性癖まで支配されそう^ ^
実は、脳梁周りみたいに大脳皮質と大脳辺縁系を中継するエリアが認知機能のメカニズムの鍵になるんじゃないかと思い始めてまして。ならば海馬そのものより、海馬とそれ以外との関係性が根底にあるのではないかと。
ニュース記事
海馬といえばアルツハイマーかな。
萎縮した海馬の代替になりうるのだとしたらすごいことだけど、いまいちまだイメージがつかめない。。
……機械を脳に近づけるのか、だ……
東芝とジョンズホプキンス大学が脳の神経細胞と同じ反応を電子表現したと発表
これっていわゆる全脳アーキテクチャ??
これはすごい。もし自律型ロボットに応用出来れば、農業において手を使わないと出来ない細かい作業(剪定するとか、収穫するとか)が出来そうな予感。 /
ハードウェアで神経系の再現
アナログ回路というのが驚き
こういうのたまらん、どんどんエヴァンゲリオンとかまほろまてぃっくとかの世界観をこの世のものにしてほしい
-
半導体を使うとはいえ回路規模は結構なサイズになるはず /
観測中・・・「脳内の情報伝達は神経細胞のアナログ処理が発する電気的信号でやり取りされているため、忠実な模倣にはアナログ処理により神経細胞を再現することが必須」:『 一部神経細胞機能の再現成功【画像追加】:ITmedia』
これをマイクロ人体モデルと組み合わせたら面白い? |
ぽにの時代にはシビュラシステム内の🧠の皆さんを生かしておく必要がなくなりそう(鬼
- 粉砕!玉砕!大喝采!とか言い出すんでしょう
凄!

僕は海馬機能を研究したくて、大学は脳の勉強ができるところに入りました。

興味深い内容。
うわーすごいの出てきたなあ・・・
攻殻機動隊の世界〜( ´ ▽ ` )
もうすぐ脳のコピーとか出来る様になるのか?🤔
東芝は、神経細胞を表すハードウェアをアナログ回路で構成
おもしろい!
人間の脳を電子回路で模倣する汎用人工知能(AGI)達成のアプローチは「認知アーキテクチャ」と呼ばれる。

脳の各パーツをハードで模倣できれば、脳の完全再現にはならずとも、一部人間の脳のメリットをマシンが享受できるということ。

今回は海馬の「空間認知」に期待。
😪"このハードウェアで実験したところ、場所細胞が脳内で起こす現象を電子回路上で再現できたという。"
え、ナニコレすごくない?つまりAIに搭載すると物忘れしたりする子作れる?
画像をもらえたので追加しました >
東芝が火事場の馬鹿力出してきた。やっぱり潰れかけた企業は強い
東芝、脳の「海馬」を模倣するハードウェア開発、空間認知を司る一部の神経細胞の再現成功。

AI vs ロボット
ニューロンとトランジスターは全く同じ働きをするということか。
は、はやく私にインプラントしてくれっ…
海馬の内、空間認知を司る『場所細胞』『格子細胞』をハードウェアで再現🧐

これにより自律移動型ロボットの小型化に役立つ模様🤔

共同開発したアメリカの大学は…見なかった事に😓
すげー。こういうのが出来てきて、はじめて「人工知能」よね。
すごく電脳でさいばーなおはなしなのに青眼の白龍さんが邪魔をするのです・・・ っていうか『ぶるーあいず』で変換候補に出てくるのですか(=ω【みかん
小学生の頃、脳の本を何回も繰り返し読んでたのを思い出す。その時初めて海馬を認識し、感動した。
神経細胞のアナログ処理ってなんだろう。
エヴァンゲリオンのMAGIが作れそうw
『脳での神経細胞とほぼ同じ反応を電子回路上で再現したと5月27日に発表した。東芝は「同種の実験結果は過去に例がない」としている。』
もうすぐシャロンが生まれるのか…
東芝は、脳の海馬の中で空間認知をつかさどる神経を模倣するアナログ回路を米ジョンズ・ホプキンス大学と共同開発委。神経細胞とほぼ同じ反応を電子回路上で再現した。大きさはA6サイズ。自律移動型ロボットの小型化などへの活用する。
私の海馬は老耄です…はやく、実用化前のテスト検体でも良いからハヤクー
全速前進だ!(そっちじゃない) -
凄いんだけど…
俺も脳みそ少ないんで、外付け脳ハードディスクが欲しいです。
脳型AIと可能型コンピュータって前世紀から盛んに研究されているがなかなか形にならないのだよね。この分野は予算を取りやすいのが一番の利点。 /
方向音痴対策できる?
「爺さん!その青眼の白龍のカード、これ全部と交換してくれ」「全速前進だ!」「貴様に神を見せてやる!」的な話かと期待してしまった /
中の人は、早くドラえもんを見たいと思っています!!

『東芝は、海馬の中で空間認知をつかさどる部分を模倣するハードウェアを共同開発し、該当の神経細胞とほぼ同じ反応を再現したと発表した…』

『同社は自律移動型ロボットの小型化などへの活用に役立てたいとしている』
>神経細胞を表すハードウェアをアナログ回路で

昔からある生体機能を電子回路で置き換える発想かな
全脳シュミレーションは、スパコンだけでなくアナログ回路も使うのかも

>
みてれぅ:
空間認知能力の向上に期待
ブレインマシンインターフェースだ!!
模倣したのは、海馬の中でも空間認知をつかさどる「場所細胞」と「格子細胞」。既存の論文から模倣に必要なハードウェア構成などを組み立てた
はやく私に移植して。 /
禁断の器官を模倣だと…?
ちょっと論文読んでみたいけど、まだ出てないんか。どういう刺激を与えてどういう反応を示したのか気になる。
アナログかあ。すごいなあ //
東芝は、脳の「海馬」の中でも空間認知をつかさどる一部の神経を模倣するハードウェアを米ジョンズ・ホプキンス大学と共同で開発し、脳での神経細胞とほぼ同じ反応を電子回路上で再現した
東芝すご。こういう研究がどんどん進んだらロボットが人間みたいに働く未来も意外と近いのかも。
ついに。。頭がワルいので装着したい。。(脳の拡張ってみんな憧れるよねw) /
春川英輔の野望が形になりつつあるなど。脳科学とコンピュータサイエンスの折衷は、厨二心を刺激するね。
どんなメカニズムか、皆目見当がつかないが、凄い事らしい‼️
前にロボット研究者の人と飲んでる時に、僕の研究対象は人なんです。再現できて初めて理解できたと言えるので、人を理解するためにロボットの研究をしているんです。と言っていたのを思い出した。
脳の中にある海馬を共同で開発か。
東芝と米ジョンズ・ホプキンス大学が、海馬の中でも空間認知をつかさどる「場所(Place)細胞」と「格子(Grid)細胞」を模倣したハードウェア回路を共同開発。

研究成果はIEEEの国際学会で29日に発表するとのこと。
たしかに東芝といえば回路って印象だけど、アナログとデジタルの合わせ技で脳の海馬を模倣する研究なんてしてたの!?って驚いた件。
すご。

一部神経細胞機能の再現成功(ITmedia NEWS)
アナログ回路だってことが大事、デジタルシュミレーションじゃ再現できないことも、これなら出来て、得られるものが多いだろうね、
ハードウェアで実験したところ、場所細胞が脳内で起こす現象を電子回路上で再現できたという

脳機能を再現するための研究を進め、自律移動型ロボットの小型化などへの活用に役立てたいとしている
どういうレベルかわかんないけど、こういう研究は嫌いじゃない。
でも規模も手法もまるでわかんないのが困ったもの。
東芝やるやん。てか、技術特異点に達するのは早くなるかも。一人で稼げるスキルを身につけるために日々勉強しなければ。
「研究成果は、IEEEの国際学会(札幌市、5月26日~29日)で29日に発表する。」この学会の初日にプレスリリースが出たのかな。てか札幌じゃん!
わーすごいこれ。
たしかにアナログだもんな脳は
「脳の「海馬」の中でも空間認知をつかさどる一部の神経を模倣するハードウェアを…開発し、脳での神経細胞とほぼ同じ反応を電子回路上で再現した」
「神経細胞を…アナログ回路で構成」

/
東芝って聞くと、粉飾論文かなって思っちゃう...
> 神経細胞を表すハードウェアをアナログ回路で構成 |
脳全体のシミュレーションが着々と進行中?
/
以上

記事本文: 東芝、脳の「海馬」を模倣するハードウェア開発 一部神経細胞機能の再現成功 - ITmedia NEWS

関連記事