TOP > IT・テクノロジー > オンキヨー、ホームAV事業を譲渡へ デノン・マランツの米Sound Unitedと交渉 - ITmedia NEWS

オンキヨー、ホームAV事業を譲渡へ デノン・マランツの米Sound Unitedと交渉 - ITmedia NEWS

13コメント 登録日時:2019-05-15 16:35 | ITmediaキャッシュ

オンキヨーが主力のホームAV事業を譲渡へ。DENONやMarantzブランドを保有する米Sound Unitedなどと協議を始めた。譲渡後は、デジタルライフ事業とOEM事業に注力する。...

Twitterのコメント(13)

そしたらこのニュース。ONKYO本体からオーディオ部門を切り売りするらしい。
譲渡を検討しているのは、子会社のオンキヨー&パイオニアや、その他子会社のホームAV事業
「連結決算では、同社がかかえる3セグメントの中で、AV事業は唯一、利益が出ていた」
「デジタルライフ事業と企業向けの音のソリューションを提供するOEMに集中」
…これは
TVでもなんでもそうだけど、日本企業でまとまっていってたらなぁと思ってしまう。ドンドン切り売りして海外のメーカーの下請けになって行きそうで怖くて残念。→
えーとパワードスピーカー関係の事業もかなぁ?
オンキヨはホームAV事業の事です。
"オンキヨーはホームAV事業を譲渡後、モバイル機器の企画・販売を中心としたデジタルライフ事業と、企業向けの音のソリューションを提供するOEMに集中するとしている":
譲渡後、ヘッドフォンやデジタルオーディオプレーヤーの企画販売と音のソリューションを提供するOEMに集中とは随分そぎ落とすんだな。唯一利益が出てたAV事業を手放すとは東芝かよ.
儲かっている事業を売却するってのは… -
ここ数年のハイレゾブームで伸びた企業は実はとても大変
オンキヨーとパイオニアのオーディオがデノン・マランツと合流するそうな
もう,日本に何が残るの・・・:
以上

記事本文: オンキヨー、ホームAV事業を譲渡へ デノン・マランツの米Sound Unitedと交渉 - ITmedia NEWS

関連記事