TOP > IT・テクノロジー > DNP、調光機能を追加した新型「透過スクリーン」 明るい場所でも“バーチャルキャラ”見やすく - ITmedia NEWS

DNP、調光機能を追加した新型「透過スクリーン」 明るい場所でも“バーチャルキャラ”見やすく - ITmedia NEWS

11コメント 登録日時:2019-05-15 15:41 | ITmediaキャッシュ

DNPが背景の透過具合を調節することで、明るい空間でも鮮明な映像を表示できる透過スクリーンを発表した。...

Twitterのコメント(11)

どこかが開発すると思ってたけど、すでに開発されてた。クッソ高そう。
環境輝度高まると透明度を下げて表示輝度を高める工夫ですが、原理的最大輝度はプロジェクター輝度で決めるから一応室内じゃないとキツイ。
『近年「初音ミク」や「バーチャルYouTuber」といったARライブ演出や、店舗での空間演出などで透過スクリーンのニーズは高まっている。しかし、周囲が明るい環境では背景と映像が重なってしまい、十分な画質が出せなかった』
周囲の明るさや表示するコンテンツの内容に合わせて透明と遮光の状態を調節することで、より鮮明な映像を表示
明るい場所でも“バーチャルキャラ”見やすく。こういうのが、家庭でも普及したら、家庭でもホームシアターがなのかなぁと。やれば、その違いが分かって頂けるんだけどねぇ。
『近年「初音ミク」や「バーチャルYouTuber」…などで透過スクリーンのニーズは高まっている。しかし、周囲が明るい環境では…十分な画質が出せなかったという。』
ほお、透過スクリーンでバーチャルキャラがくっきりと
最近はディスプレイありきの屋外イベントも多いですからこれはかなり役に立つのではないでしょうか?
バーチャルキャラに焦点を当てた…と言う訳でも無いだろうけど、重要な需要の一つにはなっていますよね
おっ!!?・・・と思いかけたけど、遮光をピクセル単位でできないようだと微妙かな・・・。
うーん、あとは、真正面からだけじゃなくて、ある程度横からでも、像がくっきり見えるようにして欲しいなぁ。そしたら、会場が大きくなっても大丈夫なはず
以上

記事本文: DNP、調光機能を追加した新型「透過スクリーン」 明るい場所でも“バーチャルキャラ”見やすく - ITmedia NEWS

関連記事