TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > ドコモの新料金プ...

ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」、その強みと弱みを解説 (1/3) - ITmedia NEWS

21コメント 登録日時:2019-04-16 06:22 | ITmediaキャッシュ

NTTドコモが、新しい料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を6月1日から提供開始すると発表。前者は月間30GBまでデータ通信を利用でき、超過後も比較的早い速度で通信できる。後者はデータ利用量に応じて月額料金が変わる。会見での吉澤和弘社長の発言をもとに、その強みと弱みを解説する。 (1/3)...

Twitterのコメント(21)

ドコモで新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」が発表されましたね!通信料金と端末料金を分離させた「分離プラン」を意識した料金プランなようです

「ギガホ」は月額6,980円で30GBまで、制限時も1Mbpsで通信可能と、大容量を求めているユーザーには魅力的かもしれませんね!
(2/3) - ITmedia NEWS

『春夏モデルの新端末を発表する際に』って、まだそんなやり方やってたのか。
ドコモが安くなるはずがありません。
実際の恩恵を受けるのは一部のライトユーザーのみ。普通の使い方をしてる個人は一切安くならない可能性大です。
ドコモってそういう会社です。dカードゴールドにも言えること。ちゃんと内容把握した上で年会費払ってんのかな?
@ma737373ma

ここにある程度の事は書いてあるけど
やっぱし蓋を開けてみないと分からないと言う事か?w
チャンチャン😅
このままいくと、年末にはガラホに機種変して、iPhone君には格安simを突っ込む運用になりそうだな。
個人の回線は楽天モバイルに移行するから関係無いw
観測中・・・「他社は、多くのデータ容量を提供するプランのみに家族割を設ける例が多い。ドコモはそこを撤廃」「最も月額料金が下がるのは」「月間1GB程度しか使わないライトユーザー」:『ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」、その強みと弱みを解説: NEWS』
こんなん誰が得するん
あんまり安くなってないような…ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」、その強みと弱みを解説(
肝心のそこ、逆…
『ドコモの吉澤和弘社長は4月15日に開いた会見で、新プランの強みを「複雑な(キャンペーンなどの)適用条件をなくし』
(1/3)
現在タブレット用に格安sim(IIJmio)をお試しで使ってるけど速度ほとんど問題ない
ふむ、新料金プランでも2年縛りは残るのか。
DoCoMo Withの対象になっていない機種を持っている人にとっては安くなるって事か。
4月から体系が大きく変わると聞いていて、機種変更を様子見ていたんだけど、この内容だとむしろ5月までにwith対応の機種を購入したほうがいいのかな?
結局安くなってなく、階段制になっただけ。>ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」、その強みと弱みを解説(
>「1人で使っている場合は恩恵が得られない場合もある」と吉澤社長は認めた。

はい、やり直し!(ヽ´ω`)
シェアパック廃止なので月サポやwithで家族4人で契約してる構成だと、ギガライトx4で上限まで使われると+1万ぐらい増額になる罠がw
安くなるのは通話メインの人ぐらいじゃないかな…
まあ、あんなにシェアシェア言ってたのにあっさり廃止するのは納得行かない。オペレーター側の負担すげえ大きかったからな。
とりあえず1年縛りで端末購入サポート契約中だからプラン変更できないけど
ファミリー割引で一人500円引きになるっぽい
高額端末を既に手に入れていて正解だったな

ドコモの新料金プラン(
どこも騙し!
恩恵ないな、これ…

ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」、その強みと弱みを解説(要約) -
この記事でいろいろわかった。家族シェア廃止は正解だな。個人より割高だったし。端末割引がどうなるのかだなー。2年で最新機種使ってたし。
(1/3) - ITmedia NEWS
以上

記事本文: ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」、その強みと弱みを解説 (1/3) - ITmedia NEWS

関連記事