TOP > IT・テクノロジー > 高校野球中継にもAI “人手不足”のNHK地方放送局が考えたAI活用法 (1/2) - ITmedia NEWS

高校野球中継にもAI “人手不足”のNHK地方放送局が考えたAI活用法 (1/2) - ITmedia NEWS

12コメント 登録日時:2019-02-13 22:11 | ITmediaキャッシュ

「第48回 番組技術展」でNHKの地方局が取り組んでいるAI(人工知能)活用事例が紹介されている。放送用に撮影した動画からSNSに使うダイジェスト版を自動作成するシステムなど現場作業の省力化を目的にしたものが多い。 (1/2)...

ツイッターのコメント(12)

定性調査のインタビューデータでも使えそう。 |
マニュアル化された作業はAIに代替可能。スポーツ中継とは何かを考え直す良い機会かと思います。最終的に決めるのは視聴者ですけれど、高校野球中継はAIで十分なのかも。
自然言語処理からダイジェストを作る手法、のようで。今まででも印象の強い部分を抜き出して映画CMを作るAIは居ましたが。
Vnewsとか面白くね
「AIを利用したスピードガン球速表示システム」、球速データを配信していない球場で中継映像に球速を自動表示する仕組み。地方大会1−2回戦で散る埋もれた速球投手を観れるかも。これはとてつもなく興味深い。
地方放送局も頑張るなあ
難しいことをやらせるわけでもなく、やったら効果あるとわかりながらも人不足となるところにピンポイントで活用しているところがいい。見習いたい。
お!番技展が記事になってる! →
5分の放送用動画から30秒の要約の出力や
テレビ放送用に撮影されたリポート動画からAIが要約動画を自動生成。作成された要約動画はSNSでの番組宣伝用に利用できる。適切な要約動画を自動生成する技術はいろんな用途で使えそう。討論番組やスポーツ競技の要約動画なんていい。
球速表示は面白い!

(2/2) - ITmedia NEWS
「SNSに使うダイジェスト版を自動作成するシステムなど現場作業の省力化を目的にしたものが多い」
/
以上

記事本文: 高校野球中継にもAI “人手不足”のNHK地方放送局が考えたAI活用法 (1/2) - ITmedia NEWS

いま話題の記事