TOP > IT・テクノロジー > ウォーターサーバが「残量わずか」で自動注文 「Amazon Dash Replenishment」対応の新製品 - ITmedia NEWS

ウォーターサーバが「残量わずか」で自動注文 「Amazon Dash Replenishment」対応の新製品 - ITmedia NEWS

21コメント 2018-12-05 20:00  ITmedia

富士山の銘水、サンスターグループなどの製品が「Amazon Dash Replenishment」に対応する。消耗品がなくなりかけると、Amazon.co.jp経由で自動注文する。

ツイッターのコメント(21)

ストック狂の私にはありがたい
水道民営化後は飲めなくなった水道水の代わりとしてじわ売れしそう
水の消費量に偏りがあるから、これは便利。水の置き場に困る。
普通のペットボトルに比べてコストが気になる
便利そう。食品まで広げるには賞味期限と保管方法の管理が大変そうだね /
ウォーターサーバ業界に激震だなこれは。:
水の量までAmazonに任せちゃう!
あぁー、買い忘れてた、という失望感や
これ買わないと、ということに脳を使わなくなる未来が待っている。
なんでもありになってくるよなぁ 笑 /
この自動注文は、様々なことに応用が効きそう。 /
海外勢は商品の周辺ビジネスへの取り組みが上手いと思います。

わざわざ電話で注文してって繰り返す手間を省くことで、顧客としてはいつもや...
無くなりそうになったら
自動で注文してくれるウォーターサーバ。

いやこれは便利。
面白い技術であるし利便性が高い機能だなとは思うけど、利用するかは微妙だよね。正直、Amazondashボタンを利用している人がどれくらいいる...
スマートマット欲しい /
そんな映画、wowowで見たような。。。 /
最近の世間のIoTの加速っぷり凄いね。ウチはB2B領域で頑張ってるけど。|
洗剤ケースや、歯磨き粉のケースに容量検知のデバイスが付く世界も、そう遠くないかもしれないですね。 /
便利!あとはトイレットペーパーやテッシュなど「必需品だけどストックがかさばるもの」にはぜひ広がって欲しいですね〜。|
すごいな。
サブスクかつ 自動注文 /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR