TOP > IT・テクノロジー > 日本人の英会話スキル、AIが評価 イーオンとKDDIが共同開発 英語を話せない記者が体験 - ITmedia NEWS

日本人の英会話スキル、AIが評価 イーオンとKDDIが共同開発 英語を話せない記者が体験 - ITmedia NEWS

10コメント 登録日時:2018-11-22 16:30 | ITmediaキャッシュ

イーオンとKDDI総合研究所が、英会話を学ぶ日本人向けに、AI(人工知能)を使って英語の発音を評価するシステムを共同開発した。...

ツイッターのコメント(10)

英語のネイティブスピーカでも点が低かったりして^^ :
「英語で発話すると、AIがイントネーションやリズムなどを評価し、数値化する」
/
いや、そーゆう方向ではなく同時通訳を可能とするアプリの開発をお願いしたい。 / NEWS)
なんで発音から始めようとするかな
発音だけできても、根本的に英語ができないと使い物にならないのに… 最優先は聞けて、読めて、書けて、話せることなのに。発音だけ、妙にこだわると変な風にしか聞こえない… AIの使い方が…
AIに採点される時代
カラオケ点数と同じ感じ
17分でできる英語のスピーキングテスト「ヴァーサント」も有名です。

こちらも機械でスコア化、すぐに結果がわかるし、国際的にも使われている。
...
3: 人の話す英語を評価できるならもう翻訳機にできるレベルなんじゃないの? / “ NEWS”
「英会話スキル」の評価というか、「発音」の評価ですね。文型文法、語彙も含めて総合的に評価してくれればいいありがたいんですが。
以上

記事本文: 日本人の英会話スキル、AIが評価 イーオンとKDDIが共同開発 英語を話せない記者が体験 - ITmedia NEWS

いま話題の記事