TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > 佐川急便かたるS...

佐川急便かたるSMS、7月に急拡大 感染端末がスパムボット化 トレンドマイクロ解説 - ITmedia NEWS

10コメント 登録日時:2018-08-03 13:36 | ITmediaキャッシュ

佐川急便の不在通知をかたるSMSから偽サイトに誘導され、不正アプリをインストールさせられる被害。不正アプリに7月中旬、「SMSを送信する」という機能が追加されたことで感染端末がスパムボット化し、被害が拡大したとトレンドマイクロはみている。...

Twitterのコメント(10)

広がったのは誰のせいかなぁ(チラッ)、と思っている‥|
この程度のものに引っかかる品格の高い人はその程度の人生で終わるでしょ。|
Android端末のセキュリティ設定の「提供元不明のアプリのインストールを許可する」の設定をオフにしておくことが有効
えらいことになっておるのう
法的にこんなの作るやつ捕まえたら無期懲役くらいしないとなくならない
うちんとこにもSMS来たし、みんな気をつけてね?
怪しいと思ったらすぐ検索検索ぅ!←www
…それでか!騒がれている割に未だ目にしたことが無かったのは。
佐川急便の名称を使うSMSが急増しています。Androidのウィルスに感染すると攻撃者に端末を操作されリモートで送信先電話番号と本文を受け取り手当たり次第にSMSを送信しまくります。→SMS送信料金が膨れ上がり請求書で青ざめます。攻撃者がお金を使わずSMSスパムが送れる。
これ、気を付けないとね。
うちの母親はまんまと引っかかってました🤦‍♂️
乗っ取られた端末がSMSを送る踏み台にされて、苦情電話が自分に掛かってくるリスクをもっと広めるべき。加害者になりたくはないでしょう? / “ - …”
以上

記事本文: 佐川急便かたるSMS、7月に急拡大 感染端末がスパムボット化 トレンドマイクロ解説 - ITmedia NEWS

関連記事