TOP > IT・テクノロジー > 資金調達96億円のfreee、累積赤字60億円の“違和感” - ITmedia NEWS

資金調達96億円のfreee、累積赤字60億円の“違和感” - ITmedia NEWS

27コメント 2017-10-06 15:54 | ITmediaキャッシュ

日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。...

ツイッターのコメント(27)

freeeの上場にはなんか違和感があって色々みてるんだけど。。。売上(きっと)10億くらいに対して当期純利益△60億。僕は普通にマネフォ使ってるよ。きっとサービスは似たり寄ったりだよね。ToCのビジネスが無い分押し出し弱い感もある。
てかパイが小さいね
弥生会計 経常利益43億もあったのか、すごいな
freee、サービスインから4年で96億円を調達して現状の業績が10億円前後の売上(推定)、20億円超えの赤字
問題は業績が…
なので、稼げるところは稼いで長期安定サービスにしてもらいたなぁ
マネーフォワードの方が堅実なのか。どっちもどっちか・・ / “ NEWS”
拡大している赤字に見合ったシェア・ユーザー拡大ができていれば、まだまだこれからだよ、という感じですが、実際どうなんでしょう???

『“Fintechバブル感”は否めません』
これはまあ、確かに、と感じるところで(;・・)ツ☆
チャンス。
/「NOKIZAL」決算ピックアップ:
「NOKIZAL」決算ピックアップ:資金調達96億円のfreee、累積赤字60億円の“違和感”(要約) -
ちょっと珍しいバランスシートですね。。
ここから利益体質にするには、かなり難しそう。>
でかいの一発あてないと3年後には消えとるな
調達額と利益剰余金の推移(マネフォ比較)
わかりやすい解説。「NOKIZAL」決算ピックアップ:
前々期の利益剰余金は13.5億円だったため、前期も同程度の23億円の赤字だったと推測でき、マーケティングの先行投資が大きいのだと思いますが、結構なペースで赤字を積み上げています。
たぶん、行き詰っても、どこかが事業継続するだろうとは思うけど、なんとなくfreeeには任せられないなという気分。/
MFとの訴訟からも感じた違和感、もう引き返せなくなってしまったのかもしれないな。|「NOKIZAL」決算ピックアップ:資金調達96億円のfreee、累積赤字60億円の“違和感”(要約) -
今は種を蒔く時期で今後その種がどんどん大きくなって実を収穫できるようになってくるからそこまで気にしなくてもいいんじゃないかなと個人的に思う
もしかして、もありうるの? /
確かにこの記事読むとFintechバブルを感じざるを得ない
2社が調達したり上場するたび相変わらず弥生の強さが際立つ。
まあファイナンス能力は高いね。「NOKIZAL」決算ピックアップ:
クラウド会計サービスなどを手掛けるfreee。2年連続で23億円程度の赤字だったと推測できるとのこと。
こんなのは流石にあまり見たことがないわ。|決算ピックアップ:
残念ですが、使いにくすぎます。 / (ITmedia)
60億の赤字以前に毎期赤字を膨らませるしかできていない会社が、仮に業界を引っ張っているのだとすれば、そんな業界など最初から存在しないに等しいのでは? 赤字しか生まれない領域等市場として成立していないだろう……。
マネフォと比較する必要もない気もするけど、来年以降大事やね。freeeはユーザーにとって使いやすいサービスだと思うので残ってほしい
「NOKIZAL」決算ピックアップ:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR