TOP > IT・テクノロジー > 手話をリアルタイムで自動生成する技術がすごかった IOCと連携、東京五輪で活用へ - ITmedia NEWS

手話をリアルタイムで自動生成する技術がすごかった IOCと連携、東京五輪で活用へ - ITmedia NEWS

14コメント 2017-05-26 13:14  ITmedia

NHK放送技術研究所の一般公開イベントに行ってきた。数ある展示の中から気になった展示を紹介する。

ツイッターのコメント(14)

@u_akihiro オリンピックに向けて鋭意開発中みたい。
すべてのコンテンツに手話を取り入れるのはコスト面から難しそうだけど、こういう技術が普及すれば番組のバリアフリー化が進んで皆ハッピー。
2020年に向けて「手話CG自動作成技術」の開発が行われているそうだブヒ🐷
この技術は現在、気象情報の動画配信に活用されているんだ☆
次の実用化目標はスポーツ番組!
より多くの人が楽しめる東京五輪・パラリンピックになるといいね!
助かる人沢山いるだろうなー!
字幕で良くないか?と思ったけど、そういや手話ニュースてのもあったな。字幕に勝る所ってなんだろ。
表現力はまだあれだけど、報道関係は向いてそうで良いですね。/
このリアルタイム具合はスゴい!
Σ(・□・;)
日本の技術は誇らしいなあ(o^^o)

-
なんと。素晴らしい技術。
Iocと連携、東京五輪で活用へ
……φ(..)memo……
NHK技研公開2017:
そうだ技研公開週末にかけてだ / メタデータを基に手話リアルタイム表示は、ニュースや天気にてすでにノウハウあるでしょうからね / “ - ITmed…”
たしかに原稿があるものなら即時であってもCG生成は可能なほどに技術は進歩したね。 /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR