TOP > IT・テクノロジー > 「お前らの作品は所詮コピーだ」――富野由悠季さん、プロ論を語る (1/5) - ITmedia NEWS

「お前らの作品は所詮コピーだ」――富野由悠季さん、プロ論を語る (1/5) - ITmedia NEWS

190コメント 2010-03-21 04:01 | ITmediaキャッシュ

「オリジナルを作っているつもりでも、所詮コピーだ」「コンテンツという言葉がそもそもおかしい。時代に振り回されるな」――富野由悠季さんが歯に衣着せぬプロ論を、クリエイターに投げかけた。...

ツイッターのコメント(190)

HDDの整理してたらこの記事のコピーが出てきた
学部生だったころに見たようだがやっぱり感じるものがあったんだろうな。今見ると新しい発見もある。
また読み返してる
お禿が元気そうでなにより。長生きしろよ。│
「自分が手の届く範囲のことを一生懸命やることが一番の宝だ」←まさに。目立ちたいがために、本気になれもしないこと、素質もないようなことで「これが好きな私」を演じている人が多い気がする。
昔「オセロの色を塗り替えて新しいものを作ったような顔をするな」とも言われてた気がする。
同じCGソフトは同じコピーになる
なんかわかる
>11、12歳ぐらいまでにあなたが好きだったものにこだわれ、ということです。その延長線上にあるものと今やってる仕事がフィットするとかなりいい所に行くだろうと言えます。
これ読んでる。なるほどな~
覚悟というのは気合いではなく、毎日毎日階段を上っていくという作業でしかない。
コンテンツというのはおかしいって、8年以上前から言われてるのか!!
私・・言葉がへただし、現在のアニメについて何思うとか冨野さんに任せてるよ、いつも。 これぞ、わたしの気持ち。
ホント素晴らしい富野節、爽快感さえ覚える。正座して読むべき。
『 「惚れたら全部正義」と思うのがいけない。何を取り入れて何を捨てるか、ということをしなくてはならないんです。』が一番響いた。
この人らしい言い方だけど言ってることは大体理解できる
せっかくなので一部ではなくもうちょっと広い範囲の発言を見てみましょう。
さっきのコピーとはこういうことが言いたいわけです
「宮崎駿は1人だったらオスカーなんか絶対取れませんよ。個人的に知っているから言えるんですが。彼は鈴木敏夫と組んだからオスカーが取れた」「お前らの作品は所詮コピーだ」― 富野由悠季さん、プロ論を語る |
古いインタビューだが今更発掘して読んだ。「男の人に特に言うが、エロサイト見てる暇あったら自分の技量を磨け」
永遠の12歳(中2まで来てない)、富野先生の言葉に戦慄する。

(2/5) - ITmedia ニュース
映画的な機能が持っている重要なのは、「触感があるかもしれない、触ったかもしれない、ぞくっとするかもしれない」という体感を感じさせる物語を付け加えられるのが映像の機能~「お前らの作品は所詮コピーだ」富野由悠季さん、プロ論を語る
高校の顧問に紹介されたのを思い出したのでUP
結構前の記事だとは思うんだけど冨野さんはんぱねーな
2008年の講演だけど御大の話は本質に迫るものがある。 :
この人の話はおもろいなぁ(^ ^)
言葉キツいけど、結構当たってるんじゃないかなー
前述の富野氏インタビューは元がこれらしいとのご指摘が
これもそう。
普遍的なところを付いてくるから、各自反論があるにしても考えるに値する内容・言葉となっている。そこが凄く面白いすね
食っていくために売れるものを作るために流行に乗ったら結果そりゃ似たものばかりになるでしょう
結構前の記事だけど、富野さんらしい物言いで面白い話だな。→
表現が良い。

このひとの言い回しの独特さとチャレンジ志向は下記リンク先でもどうぞ。

「… : 「ガンダム」の原作者・富野由悠季氏、ハリウッド制作会社とタッグ:芸能:スポーツ報知
「覚悟というのは気合いではなく、毎日毎日階段を上っていくという作業でしかない」―富野由悠季
(4/5) - ITmedia ニュース
この人「ゴジラと人間のときの画質が違いすぎる」って言ってるけど当時の技術で画質を同じにするってのはちょっと無理なんじゃないかなと
なんなんだろうなぁ、やっぱ富野さん好きっていうか、尊敬っていうか……そんなんじゃないな。とにかく良いわ。
流石に無知すぎないか?質感の違いとか富野の想像以上に広いだろうよ今のCG、将棋のプロが負けてる時代に何を見識の狭いことを
5年前のインタビュー。ちょっとガツンとやられた気分。エンタメ屋やクリエイターに必要な、生々しい部分を見せられた感じ。 / “ News”
富野由悠季さん、プロ論を語る(ITmedia,2008) ”コツコツやるしかないんです/もう1つ、11~12歳ぐらいまでに好きだったものにこだわれ、です。高校卒業以降で手に入れた物は時代に振り回されます。オリジナルなところに行けない”
これ昔の記事だけど面白いね:
別に富野信者じゃねえしCGじゃオリジナリティ出せないなんてちゃんちゃら可笑しい話だけど臭くなければ客は付かないってのには胸を打たれたな。
息災で何よりです!また小説書いて下さい、新刊、ずっと待ってます。
だいたいcontent-typeのせいだと思うよ
正に!"@tanakayutak: “11、12歳ぐらいまでにあなたが好きだったものにこだわれ”(富野由悠季監督)  
相変わらず口が悪いいつものおハゲ様で安心。
おおむね同意だけどやっぱり口が悪いw
言葉は荒っぽいけど、直球ですごく重いこと言ってくれてると思う。
「お前らの作品は所詮コピーだ」――富野由悠季 - うーん 突きささるなぁ.
ず~っと、綺麗なだけの写真、ぱっと見のインパクトだけの写真はやらない って以前から言ってるし実行してるつもりですが、最近少々自分自身のイマジネーションがぼやけてきてしまった気が… いかんな~ もっと能動で行かねば~
これは必読かも知れない>
誰が掘り起こしたのか、なぜかITmediaのランキング上位に出てた5年前の記事。ガンダム世代ドストライクのくせに興味ない(笑)俺が読んでも面白かった。→
「プロで重要なことは金もうけできるかどうか。」毒舌だねえ。―富野由悠季さん、プロ論を語る -
>金儲けでは100年ぐらいしか名前残らないけど金をもらわなければ1000年名前が残るよ位言ってくれよ ジーザス
もっと見る (残り約140件)
 

いま話題の記事

PR