Apple、悪用される可能性のあるWebKitの脆弱性を修正するiOS、iPadOS、macOS、watchOSのアップデート - ITmedia Mobile

14コメント 2021-05-04 08:20 ITmedia

AppleがiOS、iPadOS、macOS、watchOSのアップデートをリリースした。いずれも同じWebKitの脆弱性を修正するもの。既に悪用された可能性があるとしている。

ツイッターのコメント(14)

みんな、仕事開始する前にアップデートするんだぞ
iOS/iPadOSは14.5 → 14.5.1へ

Apple、悪用された可能性のあるWebKitの脆弱性を修正するiOS、iPadOS、macOS、watchOSのアップデート配信
「iOS 14.5.1」「iPadOS 14.5.1」「iOS 12.5.3」「watchOS 7.4.1」「macOS Big Sur 11.3.1」をリリースした

んっ、アップデート…iOS 14.5.1
今日、ようやく14.5を適用したばかりなのに・・・
【 】
うーん…
情報が少ねえなあ…

会社始まってからだと
おかしくなったら
影響大きすぎるから
休み中にやっとくかぁ⤴️⁉️
iPod Touch・iPad・macともどもアップデートしときました。
Appleは「この脆弱性が悪用された可能性があるとの報告を認識している」ということもあり、早期アップデートが望ましい。
他の修正も入っているそうで。 |
とりアプ。
情報過多の時代、情報を【守る】ことが1番大事と感じる。でも、スマホ持った以上は、個人情報は流出している前提で考えとんなあ
Apple、悪用される可能性のあるWebKitの脆弱性を修正するiOS、iPadOS、macOS、watchOSのアップデート(要約)
やっとかなきゃなあ。
ちょっとしたアップデートでもOSアップデートの作業しなきゃならんのは、iOSの不便な点でもあるよね。
以上
 
PR
PR