武田総務大臣「サブブランド値下げは羊頭狗肉」――メインブランド値下げ要請で「アクションプラン」が台無しに - ITmedia Mobile

10コメント 2020-11-27 10:05 ITmedia

武田良太総務大臣が、定例記者会見で大手キャリアのメインブランドにおける値下げを事実上要求するような発言をした。総務省が策定した「アクション・プラン」をある意味で“台無し”にするようなことをなぜ言ってし...

ツイッターのコメント(10)

11/21の発言がなければ、サブブランドでしたね、たぶん。
がんばれ武田総務大臣👊😆🎵
本丸を追い落とす作戦、他社は黙っていても追従する>苦しい立場に追い込まれたのがNTTドコモではないか。:
石川温のスマホ業界新聞:
何が何でも安く…ではなく、安い選択肢が提供されてる(選択できる)ことが重要なのだが。
利益が出ないなら、人件費と広告費を削ればいい。
AIやロボットに置き換える部分は全部置き換えろ。
メインブランドの値下げとあるけど、比較判断すら利用者は考えれないのかな…。

石川温のスマホ業界新聞:
政府は民間企業に携帯代が高いと言う前にやることあるだろ。
例えばガソリン税と石油税に消費税が課税されている問題とか。
インターネット通信は重要なインフラなので、値段が下がった方がいいとは思うけど、政府のやり方が筋が悪すぎるよね・・・
以上
 
PR
PR