ICT総研が国内外の通信料金と品質を比較したデータを公開――日本の料金は高いわけではなく、むしろ品質は最高レベル - ITmedia Mobile

13コメント 2020-07-24 11:22 ITmedia

最近「日本の携帯電話料金はまだ高い」という報道をよく見かける。それは総務省が定期的に発表している「内外価格差調査」をもとにしているのだが、それを一部否定するような調査レポートをICT総研が発表した。

ツイッターのコメント(13)

「安いのが魅力だけど、ネットワーク品質はイマイチ」というキャリアを選ぶのか、といえば、かなり微妙←えっと、もおPHSで実証されてる。
今のネットワーク品質を落としてまでも、通信料金を値下げする必要があるのか…:石川温のスマホ業界新聞:
高い品質を求める日本人が、「安いのが魅力だけど、ネットワーク品質はイマイチ」というキャリアを選ぶのか、といえば、かなり微妙だろう。
そんなことを啓蒙して料金が下がらなくなったらどうすんだ! ICT総研が国内外の通信料金と品質を比較したデータを公開――日本の料金は高いわけではなく、むしろ品質は最高レベル(要約)
通信品質についての日本とアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、韓国の6カ国・25事業者の比較です。
品質を最高レベルにすることが最も重要なことなのかしら?
つまり「過剰品質のガラパゴス価格」という日本のお決まりパターンってことを裏付けただけでは?

『ICT総研が国内外の通信料金と品質を比較したデータを公開――日本の料金は高いわけではなく、むしろ品質は最高レベル』
なので、あんまり安くしろ安くしろ言って品質下げざるを得ないような状況に持っていかないで欲しい
ほんと、政府圧力で通信会社が苦しめられてるよな…

早くこんなボンクラどもは切り捨てた方がえぇぞまじで
石川温のスマホ業界新聞: なおソフバン>「安いのが魅力だけど、ネットワーク品質はイマイチ」というキャリアを選ぶのか
以上
 
PR
PR