TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > 新iPhoneも...

新iPhoneも対応した「eSIM」とは何か メリットと課題を解説 (1/3) - ITmedia Mobile

20コメント 登録日時:2018-11-15 07:48 | ITmediaキャッシュ

eSIM搭載のスマートフォンやノートPCが市販されるようになり、今改めてeSIMについて注目が集まっています。今回はスマートフォンでのeSIMについて解説します。eSIMでは何が行われていて、どんなメリット、課題があるのでしょうか。 (1/3)...

Twitterのコメント(20)

メモ: eSIM (embedded SIM)。端末埋め込み型のSIM。ユーザー自身でSIM情報の書き換えが可能になった。
iPhoneのデュアルsim対応でワクテカしたけど、一つはeSIMとな...しかも、日本はまだまだこれからと...
eSIMってまだ発展途上だったりするのか。
オンラインで契約できる技術は既にあるとの事。しかも契約作業にだけ通信が使えるみたいな事も出来るみたいだから、wi-fi無い環境でしかもキャリアと契約してない"スマホしかない状況"でさえ契約できる未来がくるかも?
あとでよむ
今回IIJが用意したeUICCプロファイルでは、IIJのフルMVNO基盤に実装したAPN自動選択機能が有効になっており、iPhoneでは特にAPNを指定しなくても通信ができます。

おぉ!!!
最近の機種はナノSIMばかりで乗り換えに困っているので、早めにeSIMへ移行したい。
“IIJでは今後eSIMのサービス化を検討しています”←期待! / Mobile”
すでにeSIMって動く状態なんですね。iPhone XRを持っている身としては楽しそうですが、特に用途がないのが困ったものです…
(2/3) - ITmedia Mobile

eSIMねぇ…最近色々話題ではあるけど端末変えるたびに手数料かかるようになって気分で端末変えたりとかやりにくくなりそう…
いいSIMです
“交換できないSIM相当の部品のことです。もう1つは、SIMの中に保存されている情報を、ネットワーク経由などで書き換えられるというタイプのSIM” / (1/…”
"今回IIJが用意したeUICCプロファイルでは、IIJのフルMVNO基盤に実装したAPN自動選択機能が有効になっており、iPhoneでは特にAPNを指定しなくても通信ができます。"/ (2/3) - ITmedia Mobile
興味はあったが勉強不足だったんで後で読もう
注目を集めている新iPhoneのeSIMに関連する記事を Mobileに寄稿しました。
eSIMとそれに類似する「SIM書き換え技術」の違いについて。そして、実際にeSIMを使う際の手順です。

新iPhoneも対応した「eSIM」とは何か メリットと課題を解説
Discover から共有しました
画面に表示したQRコードを自身は読み取れない……確かに。システムの欠陥じゃないか。 / Mobile”
SIMのサシカエなしで外国の通信事業者の通信網が使える・プロファイルが複数保存できる と/
メリットと課題を解説(要約) - ITmedia Mobile
eSIMも徐々にだけど進んでるんだなと思う反面、一般ユーザーが活用できるようになるのはまだまだ先に感じました。
以上

記事本文: 新iPhoneも対応した「eSIM」とは何か メリットと課題を解説 (1/3) - ITmedia Mobile

関連記事