TOP > IT・テクノロジー > TLS通信を狙った「アルパカ攻撃」が発見される 脆弱(ぜいじゃく)なサイトの割合は? - ITmedia エンタープライズ

TLS通信を狙った「アルパカ攻撃」が発見される 脆弱(ぜいじゃく)なサイトの割合は? - ITmedia エンタープライズ

13コメント 2021-06-10 21:33  ITmedia

インターネットの安全性を支えるTLSに「アルパカ攻撃」と呼ばれているサイバー攻撃の可能性が報告された。研究者らは、安全なはずであっても攻撃を受ける可能性があるWebサイトの割合も推計している。

ツイッターのコメント(13)

✍ 後でもう一度確認する
泣いちゃったね
ちゅうも〜〜〜く。
今度の情報処理技術者試験で出ます。
ノートに書いておくように!!!

アルパカ攻撃🦙🦙🦙
いわなちゃんさんの風評被害はやめろ!
サイト管理している身としては注視すべき事案🤔
アルパカ攻撃はTLSサーバの設定ミスを悪用したものみたいですね。最終的には機密情報を窃取するみたいです。🤔
"HTTPをはじめとするさまざまなプロトコルがTLSを使って通信を暗号化している。このTLSに「ALPACA Attack」(アルパカ攻撃)と呼ばれる新しい問題が報告された"
全然関係ないけど、ラマとアルパカの違いがいまだによくわからない。
危ない危ない。 →
"Application Layer Protocol Confusion - Analyzing and mitigating Cracks in tls Authentication"

ALPACA...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR