TOP > IT・テクノロジー > 「お金を払ってセキュリティを学ぶ」のは平成で終わり? ある無料教本が神レベルで優れている件 (1/3) - ITmedia エンタープライズ

「お金を払ってセキュリティを学ぶ」のは平成で終わり? ある無料教本が神レベルで優れている件 (1/3) - ITmedia エンタープライズ

153コメント 登録日時:2019-04-24 07:48 | ITmediaキャッシュ

皆さんの中にはひょっとして、小さな企業を十分守るだけのセキュリティの知識を身に付けるには「ある程度お金がかかるはず」と思っている方もいるのではないでしょうか? 実は、そんなことはありません。 (1/3)...

Twitterのコメント(153)

"ある無料教本が神レベルで優れている"
リンク先のページに"PDF閲覧時に注意が表示される方は 電子署名付きPDFファイル閲覧時の注意表示への対処方法 をご参照ください"とあり、その意味を伝えずにルート証明書をインストールさせようとしてるんだけど(・・;
こんなのあったのか。知らなかった。仕事するうえで情報セキュリティは大事!
「小さな中小企業とNPO向け情報セキュリティハンドブック」がとてもよいという話。「インターネットの安全安心ハンドブック」もよい。すごいブクマ数集めとるな。 / -…”
内閣サイバーセキュリティセンター「小さな中小企業とNPO向け情報セキュリティハンドブック」が優れているらしい。セキュリティ関連は知識がないので、読んで見る。

「お金を払ってセキュリティを学ぶ」のは平成で終わり?
小さな中小企業とNPO向け情報セキュリティハンドブック 初版(Ver.1.00)
「セキュリティは『公衆衛生』」←ホンマそれですよ。 >
着任時教育に入れるか。これは。>
NISCのセキュリティ情報アカウントをフォローしてる関係でこの冊子の存在は知っていましたが、管理者向けのように感じてスルー。
しかしこの記事で一般人でもイケる内容と知り、一読して「家族に読ませねば」と認識を改めました。
■ ある無料教本が神レベ
ルで優れている件
私の周りにはITと聞いて思考停止する人がいるが、そういう人にこそ読んでもらいたい
自分がkindleで読んだのは個人向けの黄色い表紙のヤツか。図が多くてわかりやすい、親切な本だったな。これも少し読んでみるか。
- ある無料教本が神レベルで優れている件-
良質な教材が無料で出るのはいいことなのだけど、それだけでは必要な人には届かないので、さらに工夫が必要なんだよな。よい講師とか、これをベースにしたテストを含むe-Learning教材とか。 /  ある無料教本が神レ…”
長らく関心を持ってなかったので見ておこう
あとでゆっくり読んでみよ。
ふーん、目を通す時間あるかな /
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が「小さな中小企業とNPO向け情報セキュリティハンドブック 初版(Ver.1.00)」を公開しています。リンク先は紹介記事です。
情報リテラシー(情報セキュリティと情報倫理の単元)の参考書・教材に良さそうです。
(NISC)のサイバーセキュリティ本が優れてるだけでなく無料で公開されてるそうな
✨無料✨ 教本!セキュリティのことが無料で!勉強できるの!!すごい!



ってツイートしようとしましたところ、会社の人から
「お前みたいに無料の2文字にすぐつられる奴が、一番罠にひっかかりやすいんだよな。」
って言われました。
以上です。宜しくお願い致します。
ある無料教本が神レベルで優れている件- ITmedia エンタープライズ これも早く電子書籍取り扱い書店で置いてほしい。
一般の方々にも読んでいただきたい情報セキュリティ関連の記事
あとで読むー
仕事場で内閣サイバーセキュリティから本が届いたと思ったら、これだった。
よい記事。_
素敵すぎる😍

(3/3) - ITmedia エンタープライズ
面白そうなものを見つけたので帰宅したら読んでみよう
めも。
もっと国も多くの人に広めるべきですよね…

デジタルネイティブな子供らにも学校とかで時間作るとか。わかりやすくしないといけませんが。
「お金を払って を学ぶ」のは平成で終わり? ある無料教本が神レベルで優れている件
これは良い教材。帰ったら読もう。
きっとここからまた色んな意見も出てくるのだろうけど、「最新の状況を」「解りやすく噛み砕いた資料」として読んでおきたい。
暇だったら後で見る
これは素晴らしい!!!エンジニア以外の人もみんな読むといい!◆
未だに秘密の質問を3つ要求するNTTデータが運用する地銀のネットバンク。登録画面で真正で答えるよう要求がある限りは中小が逆らうのは難しそうだ。|
「ビジネスハッカーは、攻撃のコストと収益に見合わないほどセキュリティを固めれば避けやすくなります。一方、産業スパイや国家的ハッカーは、目標の達成が目標なので狙われた場合その攻撃を避けることは困難です。」
...
非常に興味そそられる。
大学の授業で役に立つかもよ。
内閣サイバーセキュリティセンターのセキュリティハンドブック、よくできてるー。無料やし、皆これ読んで勉強しとこうや。
無料でこのレベルはすごいっす
少し見た感じ、基本過ぎる。でも時代が変われば変わればなので、4年に一回ぐらいは、キルデスニュークリア読法で読んだ方が良いと思う。
情報セキュリティ対策の良い教本が無料でダウンロードできるようです。早速読む→
こうゆうのはどんどん無料で公開してベースの知識とかは上げておいた方が良いと思う。
「お金を払ってセキュリティを学ぶ」のは平成で終わり? 〜内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が2019年4月19日に新たに公開した「小さな中小企業とNPO向け情報セキュリティハンドブック 初版(Ver.1.00)」〜
「パスワードの使い回し禁止」とかいう実効性のない念仏を唱えて金を貰えると思っていることがむしろ驚き。 念仏を唱えてお金貰えるのは坊さんだけ。
念仏が唱え続けられてン十年。セキュリティ被害は一向に減らないわけだが、少しは疑問に思わないのだろうか。
日本のお役所も頑張ってるところは頑張っている。 //
記事タイトルがあれだけど、書いてることは割とまともだった。まあ、大したこと書いてないし、運用する人が必要としているのはこれを実現するための方法論なんだけど。
読んでみます / エンタープライズ)
こんな情報を見つけたよ
“セキュリティ本を上梓している筆者が「ぐぬぬ」とうなったほどです。これは、素晴らしい!”←ほほう… /
優れた教科書!
公民館で教室でも開こうかな(^^;
コレは、たぶんセキュリティの基礎だね。 今のサイバー犯罪はその裏をかく。 教本通りに実行する律儀な泥棒はいないからね。 そこが、無料と有料の違いかな? / - ITm…”
ちょっと読んでみよう
後で詠む /
とりあえずDL /
これからの時代、情報としてのモノをお金出す時代ではなくなってきますねー。ポイントは誰から買うか。だからこそ、影響力が大事になる。
これはΣ('◉⌓◉’)
クリエーティブ・コモンズで公開というのも素晴らしい。ネットを使う全員に読んでほしい。
アプリでは「インターネットの安全・安心ハンドブック」(NISC)というタイトル(σ・∀・)σ >
情報セキュリティといいつつ、BCPとか果ては終活みたいな、経営や事業継続の上での脅威と対策の話も出てるのは、読み手をちゃんと考えてるなーと思った。
おぉ、これは凄い。お役所作成ということでお墨付きがあるから学校とか社内教育の教材として使いやすいんじゃないかな。
「必要ない限りパスワードを定期的に変える必要はない」など最新の要点がまとめられててよかった。前職の上層部に叩きつけたいレベル
ついったーで連続マンガにしたら一般層にもバズるのでお願いします。 /
USB知らない、PC触ったことない担当大臣がトップにいたとしても、こんなにすごいセキュリティ対策本をまとめた内閣セキュリティーセンターは化物か。

お金を払ってセキュリティを学ぶ」のは平成で終わり?
これはいいね。

セキュリティって半分は意識の問題。
まず意識高めるのに、いいんじゃないでしょうか。
勉強させていただきます。
「秘密の質問にはまじめに答えない」とか、見落としがちなセキュリティ対策のポイントを分かりやすく解説されていて、めちゃくちゃ良い資料😆

これが無料は、本当に神レベル‼️
こんなあったのか。時間があったら読んでみようかな。
セキュリティはもはや公衆衛生だ的なこと書いてあって少し焦ってる
すごく良い記事だった。
しかも、5年ほど前に見据えてた、生体認証がセキュリティアップになるんだよーとあって、ホクホク気分🌟
ありがたい。ネットともパソコンとも付き合い長いだけに、更新されていない知識がけっこうあるので。GWに読むか。/
ちゃんと理解している人からすると、セキュリティなんて10年前から何も変わっていないらしい。手段が変わっただけ。
こういう知識ってweb業界で関わってく以上、必要になるよね(まだ読んでない
これは読んでみよう! →
NISCのセキュリティハンドブックは個人向けで定評があるので、中小企業・NPO向けもよさそう。知名度向上が課題だが。/
あとで読もう
いいですね!
早速読んでみますか。
それにしてもタダで学べる時代になりましたねー 後は、やるだけですな
無理でセキュリティを学ぶ
情報セキュリティのレベルは底上げが重要だから良い取り組みでは
タイトルが煽り記事気味だが、良い記事。今どき中小企業でもPCやスマホ業務利用なんてあり得ないので、常勤情シスがいない組織は是非。
“「秘密の質問にはまじめに答えない。多要素や生体認証を使う」とバッサリ切り捨て。これも好感が持てます” /
ITmediaさんが、先日公開しました「小さな中小企業とNPO向け情報 ハンドブック」の紹介記事を掲載してくださっています。とっても頑張った「お役所仕事」、みなさんもぜひお読みください。国民のみなさんのお力になれるよう、これからも頑張ります!
ふーん、読んでおいてもいいかもな。
- 帰宅したら読むよー。
とりあえずダウンロードした。あとで読む。/ ある無料教本が神レベルで優れている件(ITmedia エンタープライズ)
必読。社会人の一般常識にしていかないとね。特に日本は。

今更でも桜田君にも読んでほしいな(笑)➡️
有効な資料だとは思うが これが本当に必要な層に届き辛いのも残念な以上に この政府組織が作る資料を信用するリスクって本当にないのかも疑う昨今 |
身の回りに読ませさせたい人は多いな。
素晴らしい取り組みなのでターゲットに認知されてほしい /
後で見てみよう
テキストの入手性の問題は解決したので、残る問題はどうやってこの168ページのテキストを読ませるかだけですね……
悲しいかな、読んで欲しい人たちは興味もないし、そもそも届かないんだよね『半径300メートルのIT:: エンタープライズ』
“各種電子書籍サイトで“無料で”配布されているだけでなく、iOS/Android版のアプリとしても提供されています” /
良エントリ。お役所には是非このクオリティで仕事をしていって欲しい。 /
お金を払っても払わなくても、学ぶ気のないものには身につかないもの。
「内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2019年4月19日、新たに「小さな中小企業とNPO向け情報セキュリティハンドブック 初版(Ver.1.00)」を公開しました。その内容は、セキュリティ本を上梓している筆者が「ぐぬぬ」とうなったほどです。これは、素晴らしい!」
kindleで読もうと思ったらsend to kindleにギリ入らんかった。。 大人しくfireで読もう。 /
めっちゃ良さそうだ。 /
後で見よう
読みましょう!
「コラムだけでも目を通してほしい」  ある無料教本が神レベルで優れている件) - ITmedia エンタープライズ
みんな読もうぜ!後で見るけど)
ふむふむ。
後でじっくり読む。
根本を学ぶことと対処を学ぶことは違うと考えてる /
この本に載っている内容を表面的にでも理解できたなら、日本国内のほとんどの会社で「セキュリティ担当」として仕事ができると思います〜🙋‍♂️
⇒つまり、それだけ人手不足ということ。
GWでささっと読んでおくのもいいかも。kindleでも無料配布みたい→
“セキュリティ本を上梓している筆者が「ぐぬぬ」とうなったほどです。これは、素晴らしい!”
この記事、なんで記名じゃないのかしら >
かわいいイラストで紹介されているだけでなく、内容もすごく良いらしい。-
この記事だけではどう「真面目に答えない」のかわからんからなんとも>>
読もう。内閣サイバーセキュリティセンター配布の「情報セキュリティハンドブック 初版」
タダ、ってのもそうだが「国が正しい指針を出している」というのに価値がある→
私も読んでみよう
これはあかん秘密の質問の意味がわかっとらん →「「秘密の質問にはまじめに答えない。多要素や生体認証を使う」とバッサリ切り捨て。これも好感が持てます」」
へぇ、読んでみるかね。 /
Discover(Google)から
これで若者のトレンドマイクロ離れがすすむぜ /
RFCを読めば大丈夫とかいう話かと思ったら違いましたね。
時間と意欲が有れば、だよね?自分で勉強してくれたら情シスは苦労しないわ。というタイトルで煽るのヤメテ /
NISCはこういう教本とか啓蒙については結構いい仕事する印象。社内教育の際参考にさせてもらってます。 /
これは企業だけでなくご家庭でも使える
これは税金の良い使い方。ぜひ文科省と連携して義務教育に組み入れたり、経産省と連携して企業文化に浸透させたりして欲しいところ。縦割り行政の壁は高そうだけど。 / (1/3…”
読んでみるか
大企業向けもお願いします…
ひと昔前の常識で書かれてて、これ実際は無意味だよね、現実的には機能しないよねってのが多いけど、普通の人でもわかるような表現の配慮や挿絵など活用した読みやすさはすごく評価できる。今後の改訂に期待。 /  …”
以上

記事本文: 「お金を払ってセキュリティを学ぶ」のは平成で終わり? ある無料教本が神レベルで優れている件 (1/3) - ITmedia エンタープライズ

関連記事